Webマーケターとは

Webマーケターとは

Webマーケターの仕事は、Webサイトで集客をするために分析を行い、さまざまな施策のPDCAを行う仕事です。

 

Webマーケターの仕事内容とは

Webマーケターの代表的な仕事内容には以下のものがあります。

  • 企業のWebサイトの最適化
  • 企業SNSの運用
  • リスティング広告など各種広告の運用
  • SEOのキーワード選定
 

企業のWebサイトの最適化

企業のWebサイトにどのような工夫が必要かを考えながら、サイト全体の構成の見直しを行います。企業の顔でもあるWebサイトは、興味を持ってくれる見栄えであるか、ユーザビリティがしっかり考えられているかなどを常に分析を行い、Webサイトの離脱を防ぎ、コンバージョン(目標)まで閲覧者を導くサイト設計を企画することもあります。

 

企業SNSの運用

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを使用して、企業としての認知度・ブランド力の向上、商品の購入者増など、閲覧者をWebサイト内で誘導できるような仕組みを考えて実施、運用します。

 

リスティング広告など各種広告の運用

リスティング広告やアフィリエイト広告、SNS広告などの幅広い手法の中から目的に応じた施策を行います。広告などのWeb上のツールや手法を使い、各企業の目的に応じて施策を行うこともあります。

 

SEOのキーワード選定

Googleなどの検索エンジンにWebサイトの内容を適切に伝え、検索結果のできるだけ上位にWebサイトが表示されるように適切なキーワードの設定をします。SEO対策は単に検索ワードを多く登場させるだけでは良いWebページとして評価されません。Webサイトが有益であることや使いやすさ、見やすさなども評価基準となっているため、サイト自身の改善提案も必要になります。

 

Webマーケターに必要なスキル・経験

Webマーケターは、次のようなスキルや経験、知識が求められます。

  • インターネット広告や指標などに関する知識

  • コミュニケーションスキル

  • 各種サイト企画、SEO記事執筆の経験

  • Googleアナリティクスなどのアクセス解析スキル

  • 関数を使用するExcelスキル

 

資格取得が必須ではありませんが、次のような資格があれば転職に有利になる可能性があります。

 

Webマーケターに向いている人

下記に当てはまる人なら、Webマーケターに向いているといえます。

  • ネットやSNSを使った検索が得意

  • 論理的思考力に優れている

  • 人とコミュニケーションを取ることが得意

  • 流行に敏感で、物事に対して深く探求することができる

 

Webマーケターのキャリアパス

Webマーケターは、小さな会社では人が足りておらず、貴重な人材です。Webマーケターになるには、Web制作会社や広告代理店への転職、自社のWeb担当者として経験を積むといったケースが多くみられます。
Webマーケターになった後のキャリアパスには次のようなものがあります。

  • Webディレクター

  • Webプロデューサー

  • Web担当者

 

Webマーケターは個人や会社規模が小さい会社では特に需要が高い人材となっています。現場で一度マーケターとしての実務経験を積むと、次の転職時に有利になる場合が多いと言われる非常にニーズの高い職種となっています。

また、Webマーケターは在宅やフリーランスで働いている方も多く、経験を積んで独立する場合も少なくはありません。

 

まとめ

Webマーケターの仕事は、企業のWebマーケティングを担当することが一般的ではありますが、さまざまな企業からマーケティング戦略の相談を依頼される場合もあります。さらに最近ではオウンドメディアの増加に伴い、企業だけではなく個人事業主などのマーケティングコンサルの需要が増えていく可能性があります。