Webコーダーとは

Webコーダーとは

Webコーダーとは、Webデザイナーが作成したWebデザインを、Webブラウザ上で表示できるようコーディングする仕事です。

 

Webコーダーの仕事内容とは

Webコーダーの代表的な仕事内容には以下があります。

  • 文章構造の設計
  • コーディング作業
  • デバッグ、修正
 

文章構造の設計

クライアントの要望を考慮し、ページの文章構造を設計します。

 

コーディング作業

コーディングルールに沿って、HTML、CSS、JavaScriptなどを用いてコーディングをします。

 

デバッグ、修正

コーディングが完了後、制作したページのデバッグを行います。動作の不具合がでた場合は、原因を究明し、修正・検証し、正常な動作ができる状態にします。

 

WebコーダーとWebプログラマの違い

Webプログラマと混同される場合もありますが、WebコーダーとWebプログラマでは担当分野が異なります。

Webコーダー
フロントエンドといわれる、ユーザーが実際に触れる部分を担当
Webプログラマ
システム開発を主に担当
 

Webデザイナーがコーディングまで担当する場合もありますが、Webサイトの大規模化、複雑化により、コーディングを専門に行うコーダーが求められるようになっています。

 

Webコーダーに必要なスキル・経験

Webコーダーは、次のようなスキルや経験、知識が求められます。

  • HTML、CSS、JavaScriptなどに関する知識・スキル

  • PhotoshopやIllustratorなど画像編集ソフトの使用経験・スキル

  • ホームページ制作ソフトやCMSなどの使用経験・スキル

  • アクセシビリティに関する知識

  • SEOに関する知識

 

Webコーダーに向いている人

下記に当てはまる人なら、Webコーダーに向いているといえます。

  • ロジカルシンキングができ、文書の構造化などが得意

  • 細かい作業が得意で淡々と仕事をこなせる

  • 粘り強さ、根気強さがある

  • チームで協力して仕事をするのが得意

  • 誰が見てもわかりやすいコードを書くことに力を注げる

  • 責任感があり、納期に対する意識が高い

  • 質とスピードに対するバランス感覚がある

  • 向上心・向学心があり、新しいスキルを身につける努力を惜しまない

 

Webコーダーのキャリアパス

未経験からWebコーダーになるためには、次のようなステップを踏むと良いでしょう。

  • スクールや独学で必要なスキルを身につけてから求人に応募

  • アルバイトや派遣社員として経験を積んだ後、正社員に転職

  • 「未経験OK」の求人に応募し、採用・入社後にコーディングを勉強

 

年齢が若く、素養がある人ならば未経験でも採用してもらえる可能性はあります。しかし、やる気や本気度をアピールするためには、転職活動の前からWebコーダーに必要な知識を自分で身につけておく必要があります。
Webコーダーの経験を積んだ後のキャリアパスには次のようなものがあります。

  • Webディレクター

  • Webテクニカルディレクター

  • フロントエンドエンジニア

 

まとめ

Webコーダーは、専門性が求められる仕事ですが、Webサイトの複雑化によってWebコーダーのニーズは高まっており、未経験からでもチャレンジできるようになっています。

Webディレクターやフロントエンドエンジニアなどへのキャリアアップもあるため、Web業界でキャリアをスタートさせる最初の一歩としてWebコーダーを選択するのもおすすめです。