Webディレクターとは

Webディレクターとは

Webディレクターは、Webサイト制作などのプロジェクト全体を把握し、指揮・管理する仕事です。Webディレクターが所属する企業には、クライアントから依頼を受けてコンテンツ制作を行う制作会社と、自社コンテンツの制作を行う事業会社があります。

 

Webディレクターの仕事内容とは

制作会社におけるWebディレクターの代表的な仕事内容について説明します。

  • プロジェクトの進行管理
  • プロジェクトメンバーの選定と役割調整
  • コンテンツの品質管理
  • クライアントからのヒアリング、打ち合わせ
  • サイト運営
  • トラブルシューティング
 

プロジェクトの進行管理

制作メンバーの進捗を把握しながら、スケジュール進行管理を行います。場合によっては納期変更や仕様変更などの交渉も発生します。

 

プロジェクトメンバーの選定と役割調整

制作するWebサイトに合わせて、必要な制作メンバーをアサインします。社外メンバーへの制作依頼が必要な場合は、予算を考慮しながら選定を行います。承認フローやトラブル対応窓口がどこなのかを明確にすることも大切です。

 

コンテンツの品質管理

納期を守ることはもちろん、品質を担つことも重要です。個人による品質のばらつきが出ないようチェックを行います。

 

クライアントからのヒアリング、打ち合わせ

クライアントの課題や要望を引き出し、Webサイトをつくる目的、ターゲットなどを決めていきます。

 

サイト運営

Webサイトの公開後は、運営上のトラブルや問い合わせなどに対応していきます。アクセス解析ツールなどでWebサイトの運営状況を分析し、ターゲット層に的確に情報が届いているのか、目標としていた数値を満たしているかなどをチェックします。必要があれば、修正や改善を加え、次のアクションを検討・提案していきます。

 

トラブルシューティング

クライアントやユーザーからのクレーム、スケジュールの遅れなどのトラブルが発生した際、Webサイト構築の責任者として、迅速に対応し解決に導きます。

 

Webディレクターに必要なスキル・経験

Webディレクターは、次のようなスキルや経験、知識が求められます。

  • マネジメントスキル

  • コミュニケーションスキル

  • トラブル対応スキル

  • コンテンツ企画力

  • プレゼンテーションスキル

  • アクセス解析の知識やスキル

  • 広告・PR知識やマーケティングスキル

  • Webデザインに関する知識・経験

  • プログラミングに関する知識・経験

 

また、次のような資格があると転職に有利になる可能性があります。

 

Webディレクターに向いている人

下記に当てはまる人なら、Webディレクターに向いているといえます。

  • 多くの人と協力して仕事をするのが得意

  • チームで目標を達成するために動ける

  • 数字に強く、データ分析が得意

  • マルチタスクをこなせる

  • 企画するのが得意

  • 情報収集が得意

  • タフで責任感が強い

 

Webディレクターのキャリアパス

未経験からWebディレクターにチャレンジする方法は、次のようなものがあります。

  • 「未経験OK」の求人に積極的に応募し、正社員になる

  • アルバイトや派遣社員として経験を積んで正社員に転職

 

どの場合も、アシスタントとして経験を積んでからWebディレクターとしてスキルアップするのが一般的です。Webディレクターとして経験を積んだ後のキャリアパスは次のようなものがあります。

  • Webプロデューサー

  • Webプランナー

  • Webマーケター

 

そのほか、マネージャーや役員などキャリアアップする、制作会社から事業会社へ転職する、フリーランスとして独立するなども考えられます。

 

まとめ

Webディレクターは、Webサイト制作などのプロジェクト全体を把握し、進行管理や品質を担当する仕事です。コンテンツ制作をスムーズに進めるため、Web制作経験はもちろん、リーダーシップやコミュニケーションスキルなど幅広い知識、経験が求められます。業務が多岐にわたる分、やりがいは大きく、WebプロデューサーやWebマーケターなどへの転身も見込めるでしょう。