転職活動の進め方

1. 事前準備

転職活動を進めるためにまず必要なことは、転職の目的を明確にすることです。スキルアップや給与面、勤務時間など、転職を考える理由は人それぞれですが、目的を明確にすることで、最後までぶれることなくスムーズに転職活動を進めることができます。これまでのキャリアの棚卸しや、強みや弱みの洗い出し、セールスポイントなど、転職に必要となる自分自身の情報を整理するところからはじめてみましょう。

また、転職を希望する業界や職種に関する最近の市場動向の調査や分析を行ったり、すでに入社したい企業がある場合には、ホームページなどで正確な情報を把握しておくことで書類作成や面接時に役に立つ可能性があります。

 

事前準備時にエージェントを利用するメリット

  • 担当のキャリアコンサルタントに就いてもらえる
  • サイトだけではわからない転職活動で必要な情報を効率よく手に入れることができる
  • 転職の目的や働き方傾向など、自分自身の情報整理ができ、客観的なアドバイスをもらえる
  • 履歴書や職務経歴書作成の添削が受けられる
 

2. 求人応募

目指す業界や職種が定まったら、実際に応募する企業を選定していきます。自分の希望する条件と企業が求める条件がマッチしているかどうか、スキルやこれまでの経験が入社後に十分発揮できる環境かどうかを見極めたうえで応募書類を作成していきます。 志望動機やアピールポイントは応募する企業に合わせて作成するほうがベターです。応募前には必ず書類の記載漏れや誤字脱字などのチェックを行いましょう。

応募書類の準備が整ったところで、企業に応募書類を送付します。ひとつの求人に対し、応募者が多数集まるため、1社に絞らず複数の企業へ並行して応募される方が多いです。企業が求人情報を出す理由はいろいろありますが、条件に合った人材が決まった時点で応募が締め切られます。タイミングも重要な要素ですので、少しでも気になる企業があれば応募を検討しましょう。

 

求人応募時にエージェントを利用するメリット

  • 自分にマッチした求人情報を紹介してもらえる
  • 複数企業へのエントリーや書類提出を代行してもらえる
  • 選考結果に対してのフィードバックを受けられる
 

3. 書類選考~面接

応募をすると、まずは提出した履歴書・職務経歴書・作品にて書類選考となります。書類選考の間は提出物に託すほかありません。アピールポイントを「書面で記載すること」「面接になったら伝えたいこと」としてきちんと整理し、まずは「面接に進んだ場合」までのシナリオを意識しながら書類を用意してください。また、希望の勤務条件・金額条件等がある場合は必ず明記しましょう。

無事書類選考に通過し、面接に進んだら、日程の調整を行います。就業中の方は、平日の夜や週末に面接ができるかどうか確認をしてみましょう。面接の準備ですが、想定される質問・それに的確な受け答えができるように練習しておくことをお勧めします。基本的な想定質問集などを利用するのもよいですが、応募企業の事業内容、手掛けるサービスや商品の情報をしっかりおさえておくほか、自分が活躍する(=応募先企業で役に立つ)イメージをしたうえで、アピールポイント・質問事項を準備しておきましょう。

 

書類選考~面接時にエージェントを利用するメリット

  • 面接までの日程調整を代行してもらえる
  • 面接前のアドバイスや情報収集をフォローしてもらえる
  • 面接担当者の特徴や応募企業の内情を事前に知った上で面接に臨める
  • 面接後に伝えきれなかったアピールポイントをフォローしてもらえる
 

4. 内定

応募先によって回数は異なりますが、最終面接を突破したら、内定となります。給与や待遇など、勤務条件の通知をいただくことなりますので、ご希望に沿った内容かをきちんと確認しましょう。

複数企業から内定を受けた場合、転職の準備段階で明確にした「転職の目的」が重要な軸になります。自分自身が納得できる転職機会にするためにも、最後まで目的をぶらさずに、1社を選べるようにしましょう。

 

内定時にエージェントを利用するメリット

  • 内定までのスケジュールや段取りを調整してもらえる
  • 給与面や条件交渉を代行してもらえる
 

5. 現職の退職手続き

転職先の決定後は、現在の職場に退職の旨を伝える必要があります。一般的に退職の1カ月前に伝える場合が多いようですが、企業によって異なることもあるため、転職活動を始めるタイミングで就業規則などを事前に確認をしておきましょう。退職日が決まったら退職届を提出し、業務の引継ぎや各種社会保険等の手続きなど、退職準備を行います。

引継ぎなどの業務の都合で退職時期が想定より遅れる場合は、転職先企業ときちんと協議し、入社時期を調整することが必要です。

 

現職の退職手続き時にエージェントを利用するメリット

  • 退職届の書き方や退職時のマナーなどのアドバイスをもらえる
  • 内定企業への入社日の調整を代行してもらえる
 

6. 転職先への入社

現職だけでなく、新しい転職先とも入社に向けた段取りが必要となります。普段は耳慣れない書類の準備や慣れない手続きが発生しますが、都度転職先の担当者に確認をとりながら、不明点をクリアにしつつ進めましょう。

そしてなにより、自分が転職先から期待されていることきちんと捉え、それに応えて活躍するイメージをしっかり持ってから、入社日を迎えるようにしてください。

 

転職先への入社時にエージェントを利用するメリット

  • 入社までに必要な書類や準備することを教えてもらえる
  • 入社企業の現在の状況や取扱サービスなどを共有してもらえる
  • 中途入社時のマナーなどを教えてもらえる