Webデザイナーとは

Webデザイナーとは

Webデザイナーの仕事は、クライアントのニーズを的確に把握し、使いやすく見た目も美しいWebサイトをデザインしていくことです。

 

Webデザイナーの仕事内容とは

Webデザイナーの代表的な仕事内容には以下があります。

  • デザイン制作の目的確認
  • ページデザイン制作
  • コーディング
 

デザイン制作の目的確認

Webサイトをつくる目的や、サイトデザインのベースとなるものを明確にすべく、クライアントにヒアリングを行ったり、Webディレクターからの指示内容の確認を行います。

 

デザイン制作

Photoshopなどの画像編集ソフトを用いて、デザインを作成します。ユーザビリティやアクセシビリティを考慮し、トップページだけでなく、下層ページやスマートフォンサイトもデザインしていきます。

 

コーディング

完成したデザインをブラウザ上で表示できるよう、HTMLやCSSを使ってコーディングを行います。制作できたページの動作確認を行い、必要があれば修正を行います。

 

Webデザイナーに必要なスキル・経験

Webデザイナーには、次のようなスキルや経験、知識が求められます。

  • PhotoshopやIllustratorなど画像編集ソフトの使用スキル

  • HTMLやCSSなどのコーディングスキル

  • ヒアリングスキル

  • 柔軟な発想力

  • プレゼンテーションスキル

  • 高いコミュニケーションスキル

  • 提案資料を作成した経験

  • 複数の人と協力して仕事をした経験

 

また、必須ではありませんが、次のような資格があれば転職に有利になる可能性があります。

 

Webデザイナーに向いている人

下記に当てはまる人なら、Webデザイナーに向いているといえます。

  • 創作意欲が高く、デザインに対して自分なりのこだわりがある

  • 理論的思考能力がある

  • 職人気質があり、理想のデザインを追求する粘り強さがある

  • 質とスピードを意識した作業ができる

  • 流行に敏感で、探求心が強い

  • 向上心・向学心があり、新しいスキルを身につける努力を惜しまない

 

Webデザイナーのキャリアパス

Webデザイナーは、センスがあれば経験や年齢問わず転職できる仕事です。未経験でチャレンジする人もいますが、次のようなキャリアパスも視野に入れることをおすすめします。

  • スクールや独学で必要なスキルを身につけてから求人に応募

  • ポートフォリオを作成し、「未経験OK」の求人に応募

  • アルバイトや派遣社員としてWebデザイナー経験を積み、正社員へ転職

 

Webデザイナーになった後のキャリアパスには次のようなものがあります。

  • アートディレクター

  • Webディレクター

  • Webプロデューサー

  • UIデザイナー

  • フロントエンドエンジニア

  • Webマーケター

 

職種を変えるだけでなく、制作会社から事業会社へ転職する、独立する、フリーランスとして働くなど、働き方を変えることも、Webデザイナーのキャリアパスのひとつだといえるでしょう。

 

まとめ

PhotoshopやIllustratorが使えてHTMLやCSSなどの基礎知識があれば、未経験からチャレンジでき、JavaScriptやSEO知識などスキルを高めていけばWebディレクターやWebプロデューサーなどへ転身できる可能性もあります。

デザインスキルを高めたい、市場に求められるデザインをしたい、Web業界でキャリアアップをしていきたい人にとって、Webデザイナーは魅力的な仕事ではないでしょうか。