Web担当者とは

Web担当者とは

Web担当者は、企業が運用するコーポレートサイトをはじめとするWebやSNSなど、デジタルコンテンツを活用し、企業のブランディングや成果につなげていく仕事です。

 

Web担当者の仕事内容とは

Web担当者の代表的な仕事内容には以下があります。

  • 企業のWebサイトやSNSの運用
  • 企業のWebサイトやSNSの管理
  • Webディレクション
  • Web解析
  • 企業のWebサイトやSNSのお問い合わせ窓口
 

企業のWebサイトやSNSの運用

企業の顔でもあるWebサイトの管理・更新や、企業のSNSの運用を行います。WebサイトやSNSで常に情報発信をすることにより、企業の認知度や信頼度の向上を目指します。

 

企業のWebサイトやSNSの管理

WebサイトやSNSの運用に伴う、独自ドメインやサーバ、アカウント管理などの各ツールの管理を行います。WebサイトやSNSは複数人で更新する場合もあるため、運用ルールの策定や更新手順などをまとめる作業を行う可能性もあります。

 

Webディレクション

新規WebサイトやLPページ制作の立ち上げに関わることもあります。制作に関わる要望の洗い出しや、社内の各担当者のとりまとめ、スケジュール管理などの制作進行を行います。必要に応じて予算管理や外注管理なども担当する場合があります。

 

Web解析

アクセス数などのログ解析を担当することもあります。サイト評価・効果検証、アクセスログや購買履歴の分析などを行い、サイトの効果を検証し、必要な改善策を立案し、実行するというPDCAをまわすことも重要な業務のひとつとなります。

 

企業のWebサイトやSNSのお問い合わせ窓口

WebサイトやSNSのお問い合わせ対応窓口を担当することもあります。対応の迅速さによって、企業や一般ユーザーの印象にもつながるため、事前にお問い合わせマニュアルなどを作成しておくケースもあります。

 

Web担当者に必要なスキル・経験

次のようなスキルや経験、知識があると、Web担当者として仕事をする際に役に立ちます。

  • WebサイトやSNSの立ち上げや運用の経験

  • Photoshop、Illustratorなど制作アプリケーションの知識

  • インターネット広告や指標などに関する知識

  • 制作の実務経験(デザイン・コーディングなど)

  • 各種サイト企画、コピーライティングの経験

 

資格取得が必須ではありませんが、次のような資格があれば転職時に有利になる可能性があります。

 

もちろん、Web担当者としての業務経験があれば、即戦力として採用される可能性は高まります。

 

Web担当者に向いている人

下記に当てはまる人なら、Web担当者に向いているといえます。

  • デジタル全般に関する知識が豊富

  • 向上心・向学心があり、情報リテラシーがある

  • 論理的思考力に優れている

  • 人とコミュニケーションを取ることが得意

  • 流行に敏感で、物事に対して深く探求することができる

  • PowerPointやExcelが得意

 

Web担当者のキャリアパス

Web担当者を目指すには、情報系の専門学校やメディア学科などがある大学で学んだ後、事業会社などに就職するケースや、Web制作の現場で、Webディレクターとして経験を積んだ後、事業会社に転職するケースもあります。
Web担当者になった後のキャリアパスには次のようなものがあります。

  • Webマーケター

  • Webディレクター

  • Webプロデューサー

 

Web運用するということは、ディレクターやデザイナー、プログラマ、外部パートナー会社など多数の人が関わるため、幅広い知識を身につける必要があります。その中でもしかすると、Webディレクターとしてキャリアパスを積む人もいれば、時短勤務やフリーランスとして自由に働くなど、働き方を変えることも、Web担当者のキャリアパスのひとつだといえるでしょう。

 

まとめ

Web担当者の仕事は、企業のブランド力の向上や商品を売り出すためツールの一環であるWebサイトやSNSを担当する非常に重要なポジションです。近年ではSNSを通して、企業へのお問い合わせや商品購入なども増えており、Webサイトが主流の時代に比べると情報発信ツールが増え、Web担当者の業務は多岐にわたりますが、Web担当者の活躍の場はさらに拡大し、やりがいも感じられる仕事といえるでしょう。