Webプロデューサーとは

Webプロデューサーとは

Webプロデューサーは、ネットビジネスにおけるプロジェクト全体の統括責任者であり、ビジネスの仕掛人でもあります。Webプロデューサーが所属する企業には、クライアントから依頼を受ける制作会社と、自社のコンテンツの企画や制作を行う事業会社があります。

 

Webプロデューサーの仕事内容とは

ここでは、制作会社のWebプロデューサーの代表的な仕事内容について説明します。
企業やプロジェクトによっては、Webプロデューサーの仕事をWebディレクターが兼任する場合もあるため、Webディレクターと混同されることもありますが、基本的にはWebプロデューサーはプロジェクトの企画・統括、Webディレクターは制作・管理を中心に行うと考えておくとわかりやすいでしょう。

  • クライアントへのヒアリングと企画提案
  • 予算管理とスケジュール管理
  • プロジェクトメンバーのアサインと関係構築
  • プロジェクトを成功に導く提案
  • トラブルシューティング
 

クライアントへのヒアリングと企画提案

新規のサイト制作の場合は新しく制作するサイトの目的や要望について、サイトリニューアルの場合は既存サイトの問題点や修正内容について、クライアントにヒアリングを行います。このとき、予算や納期などの希望も把握します。ヒアリングした内容をもとに作成したコンテンツ企画や改善策の提案、見積もりやスケジュールなどをドキュメントにまとめ、プレゼンテーションを行います。

 

予算管理とスケジュール管理

案件の着手からリリースまで、全体を通じて進捗状況を把握し、スケジュール通りに制作が進んでいるか、想定の工数におさまっているかを管理します。思わぬ仕様変更などで、進行に遅れが発生した場合、代替案の提案やメンバー追加などを検討し、臨機応変に対応し、プロジェクトを進めていく柔軟性も必要です。

 

プロジェクトメンバーのアサインと関係構築

プロジェクトの難易度や規模を把握し、予算とスケジュールに合わせてメンバーをアサインします。プロジェクトをスムーズに進めるためにも、日ごろからネットワークを広げ、クライアントはもちろん、制作スタッフと良好な関係を築いておくことも重要です。

 

トラブルシューティング

Webプロデューサーは、プロジェクトの責任者です。クライアントからの急な依頼変更など、トラブルが発生した際は冷静に対処し、解決へ導きます。トラブルに対してスムーズに対応できるかは、それまでの現場での経験や幅広い知識にかかっています。

 

Webプロデューサーに必要なスキル・経験

Webプロデューサーには、次のようなスキルや経験、知識が求められます。

  • ビジネスや経営に関する知識

  • システムなどのITに関する知識

  • デザインやプログラミングなどの制作に関する知識

  • クライアントのニーズを引き出すヒアリングスキル

  • 柔軟な発想力と企画力

  • 高いコミュニケーションスキル

  • ドキュメント作成スキルと、高いプレゼンテーションスキル

  • プロジェクトマネジメント経験

  • Webディレクター、Webプランナーの実務経験

 

Webプロデューサーに向いている人

下記に当てはまる人は、Webプロデューサーに向いているといえます。

  • 全体を俯瞰してみることができる

  • ロジカルシンキングができ、戦略を立てるのが得意

  • マネジメント経験がある

  • 数字に強く、コスト管理能力と交渉力がある

  • クリエイター視点、ユーザー視点を持ちつつ、経営について考えることができる

 

Webプロデューサーのキャリアパス

Webプロデューサーには、Web制作全体を統括するための知識と経験が求められるため、WebディレクターやWebプランナーから、Webプロデューサーになるケースが多いです。Web制作以外のマネジメントやリーダー経験を持つ人がWebプロデューサーに転職するケースも見られます。未経験からWebプロデューサーへの転職は全くないわけではありませんが、求人に見合った対策や準備をしておく必要があります。

また、Webデザイナーからの転身も可能ですが、経営視点をもって仕事を生み出す立場にあるため、クリエイターとして制作を極めていきたい場合は、ミスマッチが起こるかもしれません。

すでにWebプロデューサーとして仕事をしている人の場合は、制作会社から事業会社へ転職する、フリーランスとして独立する、Webデザイナーへ返り咲くなどのキャリアパスがあります。また、Webプロデューサーの経験を活かして経営やマネジメント、マーケティング職などに転身する場合もあります。

 

まとめ

Webプロデューサーの仕事は幅広く、プロジェクトの企画から完成まで携わることができます。プロジェクトを成功に導く責任は大きいですが、現場を統括し、プロジェクトの目的に沿って描いた企画を完成させ、クライアントやユーザーに貢献できた時の充実感は非常に大きく、やりがいのある仕事といえます。

Webプロデューサーの仕事を極めることはもちろん、経営やマネジメント職へのキャリアパスもあるため、将来的に経営者を目指す人にはおすすめの職種です。