Webエンジニアとは

Webエンジニアとは

Webエンジニアは、システムの設計・構築・管理を行う職業のことです。WebサイトやWebアプリケーションの開発ニーズはとても高まっており、Webエンジニアは需要が高い職種のひとつとされています。

Webエンジニアは担当する領域の違いによって以下のような区分で分けられることもあります。

  • フロントエンドエンジニア

  • バックエンドエンジニア

 

フロントエンジニアとは、ユーザーに見える表側部分を構築するエンジニア、バックエンドエンジニアは、ユーザーから見えない裏側の部分を構築していくエンジニアのことを言います。

 

Webエンジニアの仕事内容とは

Webエンジニアの代表的な仕事内容には以下のものがあります。

  • 開発における要件定義、システム設計
  • Webサイト制作
  • サイト運用保守
 

開発における要件定義、システム設計

クライアントの要望に合わせてWebアプリケーションのシステムを設計をします。要件定義を固めるためにクライアントと打ち合わせを重ねていく形が一般的ですが、クライアントから仕様書を提出されるケースもあります。細かい要望をヒアリングし、技術的な提案などを行い、ひとつずつ課題をクリアにしながら具体的な形に落とし込んでいきます。

 

Webサイト制作

仕様書を元にWebサイトの制作をします。フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアによって業務内容は異なります。フロントエンドエンジニアの主な仕事は、デザイナーから上がってきたデザインを元にHTMLやCSS、JavaSciptなどを用いWebサイトを制作します。一方、バックエンドエンジニアは、Webサイトに関わるシステムの構築やデータベース設計を行います。

 

サイト運用保守

システム開発後やWebサイト公開後には、保守運用業務を継続的に行います。

 

Webエンジニアに必要なスキル・経験

Webエンジニアは次のようなスキルや経験、知識が求められます。

 

開発に必要なプログラム言語の知識

PHP、Ruby、Java、Pythonといったプログラミング言語の開発経験のほかに、HTMLやCSS、JavaScriptを使ったコーディングスキル、データベース設計に関する知見なども仕事内容によっては求められます。

 

ネットワークやデータベース設計の知識

バックエンドエンジニアであれば、ネットワークに関する知識やデータベース設計のスキルが必要です。検索機能で必要となるデータの取得や、更新、削除などSQL文に関する知識があるとエンジニアとしての幅が大きく広がります。

 

企業から評価されやすい資格には以下のようなものがあります。

 

Webエンジニアに向いている人

プログラミングすることが好き

プログラムが正常に稼働することや、エラーの解消などに面白みを感じられる人はWebエンジニア向きと言えます。Webエンジニアの業務には根気が求められる部分が多く、細かい作業を繰り返し続けられる精神的タフさが備わっていないと続けていくのは難しいでしょう。

 

人とのコミュニケーションが好き

通常プロジェクトには多くの人が関わっているため、クライアントをはじめ、ディレクターやプロデューサー、デザイナーといった内外部のメンバーとも協力しながらプロジェクトを円滑に進められるスキルが求められます。

 

IT技術の移り変わりにも対応できる

IT技術は日進月歩であり、ひと昔前の技術が使えなくなってしまうことは珍しくないため、技術の変化を把握し、柔軟に対応するスキルも求められます。日頃から最新のIT情報を収集して、新しい技術を習得することはWebエンジニアとして長く活躍できる秘訣です。

 

仕事の効率化を考えるのが好き

システム開発やアプリケーション開発においてクライアントに最も求められることは、効率的な機能の設計・開発に他なりません。「ユーザーがどれだけ早く正確に目当てのものを見つけられるか」を考えられる人間であることもWebエンジニアに求められるスキルのひとつです。

 

Webエンジニアのキャリアパス

Webエンジニアのキャリアパスですが、1~3年程度Webプログラマーとしてキャリアを積み、システムエンジニアとして3年程度経験を積んだ後、Webディレクターやプロジェクトマネージャーにキャリアップを図るのが一般的な流れです。
現場で開発を続けていきたいという人はスペシャリストとして活躍していくこともできますが、マネジメントに進みたい人はWebディレクターやプロジェクトマネージャーを目指しましょう。

 

まとめ

Webエンジニアはプログラミングスキルも当然必要ですが、フロントエンドからバックエンドに至るまで幅広い知識が求められます。現在、Webエンジニアの需要はスマートフォンの利用者拡大に伴ってさらに増加傾向にあります。
IT業界は慢性的な人材不足により、ニーズの高いWebエンジニアは今後も有望な職種であるといえるでしょう。