Webプログラマとは

Webプログラマとは

Webプログラマは、要件定義や仕様書をもとにプログラミングをするのが仕事です。Webシステムの開発や運用を行い、プログラミング、運用管理、場合によっては仕様設計を行うなど、幅広い知識が求められます。
Webプログラマには、ユーザーインターフェイスを開発するフロントエンドエンジニア、サーバなどシステム開発するバックエンドエンジニア、システム開発全般を担当するフルスタックエンジニアといった職種があります。
Webプログラマが所属する会社には、自社サイトを制作する事業会社、クライアントから受注を受けて仕事をする制作会社やシステム会社などがあり、勤務先は自社オフィスやクライアント先常駐などがあります。

 

Webプログラマの仕事内容とは

Webプログラマの代表的な仕事内容には以下があります。

  • プログラミング
  • テスト、テストケース作成、バグ修正
  • 保守運用
 

プログラミング

仕様書を確認しながら、プログラミングを行います。

 

テスト、テストケース作成、バグ修正

仕様通りに動作するか、またはエラーが無いかをテストし、不具合がなくなるまで繰り返します。複数のスタッフでダブルチェックを行いながら、抜け漏れのないチェックが求められます。

 

保守運用

運用フェーズにおけるシステム障害の対応をします。

 

Webプログラマに必要なスキル・経験

Webプログラマは、次のようなスキルや経験、知識が求められます。

  • C/C++、C#、JavaScript・HTML・CSSなどでのプログラミング経験・スキル

  • プログラムのデバッグスキル

  • 仕様を検討・設計するスキル

 

Webプログラマに向いている人

下記に当てはまる人なら、Webプログラマに向いているといえます。

  • ロジカルシンキングができ、アルゴリズムを考えることが得意

 

Webプログラマのキャリアパス

未経験からWebプログラマになる場合、次のようなキャリアパスがあります。

  • スクールや独学でスキルを身につけてから正社員で働く

  • アルバイトや派遣社員として経験を積み、正社員へ転職する

  • 未経験OKの正社員求人に応募し、入社後にプログラミングスキルを身につける

 

Webプログラマになった後のキャリアパスには次のようなものがあります。

  • リーダー、マネージャーへステップアップ

  • システムエンジニアにキャリアアップ

  • インフラエンジニア、データベースエンジニアなどへ転身

  • フリーランスのWebプログラマとして独立

 

まとめ

Webコンテンツの制作やシステム構築の需要が高いIT業界で、Webプログラマのニーズは高まっています。Webプログラマは未経験からでもチャレンジしやすく、経験を積んで専門性を高めていけば、キャリアアップも見込めます。

手がけたプログラムが正常に動き、成果物を無事に納品できたときの達成感、人々にとって身近なWebコンテンツの制作に携われる、キャリアアップをして収入を増やすことができるなど、Webプログラマは多くのやりがいがある仕事といえるでしょう。