よく検索されているキーワード

デジタルマーケティングの基礎知識!役立つ資格や転職ニーズ、業界の今後を解説

デジタルマーケティングの基礎知識!役立つ資格や転職ニーズ、業界の今後を解説

デジタルマーケティングとは、マーケティングにデジタル技術を活用することです。しかし、「具体的にどのデジタル技術を活用して、どんなマーケティング施策を行うのか曖昧」という方もいるはずです。今回はデジタルマーケティングの基礎知識をはじめ、施策例や使われているツール、あると便利な資格についてご紹介します。

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングの基礎知識!役立つ資格や転職ニーズ、業界の今後を解説

デジタルマーケティングとは、「デジタル技術を活用して『売れる仕組み』を作ること」です。WEBマーケティングと違う点は、WEBサイトだけでなく「全てのデジタルツール」を活用することにあります。一般的には、WEBサイトに加えて、アプリやSNSなどを活用しながら、製品・サービスが売れる仕組みを作っていきます。
また、IoT(モノのインターネット)で集められた情報も活用されます。あらゆるデジタルツールから顧客の反応データを蓄積することで、より消費者の実生活に寄り添ったマーケティングが実行できます。

コンテンツマーケティングとの違い

デジタルマーケティングの基礎知識!役立つ資格や転職ニーズ、業界の今後を解説

デジタルマーケティングとコンテンツマーケティングの大きな違いは、扱うコンテンツの種類です。コンテンツマーケティングで扱うコンテンツには、WEBサイトやメールだけでなく、雑誌広告やダイレクトメールといった「費用対効果が把握しにくいコンテンツ」も含まれます。
一方、デジタルマーケティングは、「費用対効果がデータとして分析できる」デジタルコンテンツのみを扱います。また、ユーザーに届けるコンテンツだけでなく、ビッグデータや分析ツールといったデジタル技術も使用します。 どちらも売れる仕組みを作るのは一緒ですが、扱う領域が異なるのが特徴です。

デジタルマーケティングの施策例

1人1台以上のスマホやPCを持つのが当たり前になっている現在、デジタルマーケティングによってより効果的な販売・契約が実現できると期待されています。ここでは、デジタルマーケティングを行う際の施策例について紹介します。

検索エンジン最適化(SEO)

検索エンジン最適化(SEO)とは、ユーザーが検索エンジンでキーワードについて検索した結果、自身のサイトが上位表示されるよう、Webサイトを技術的に最適化する施策のことをいいます。具体的には、優良な被リンクを集める「外部施策」。内部リンクの設置やどのデバイスからでも使いやすいデザインにするといった「内部施策」があります。

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、コンテンツマーケティングの一部であり、SEO対策でもあります。 WEBサイトに関する施策であり、サイトの使いやすさだけでなく情報の正確さといった、「ユーザーにとって本当に役に立つコンテンツ」を作ることで、検索結果の上位表示を目指す施策です。

ソーシャルメディアマーケティング

ソーシャルメディアマーケティングとは、ブランド認知度の向上やWEBサイトの訪問数や閲覧数の向上、見込み客獲得のために、ソーシャルメディアを使ってプロモーションすることです。ここでいうソーシャルメディアとは、SNSをはじめ、ブログや掲示板。動画配信サイトといった「誰でも参加できる双方向的の情報発信メディア」全てを指します。ターゲットの年齢層や、売りたいものの性質によって使用メディアを変えるなど、目的に応じたソーシャルメディア対策を講じることが重要です。

メールマーケティング

メールマーケティングとは、ユーザーの属性に合わせたコミュニケーションを行うマーケティング手法のことです。メールマガジンを配信したり、メールで新商品やWEBサイトの案内をしたりすることで、ユーザーを育成し、コンバージョンに繋げる役割があります。

各種WEB広告対策

デジタルマーケティングで欠かせないのが、WEB広告です。WEB広告には、「リスティング広告」「ディスプレイネットワーク広告」「動画広告」「ネットワーク広告」「ソーシャルメディア広告」「ネイティブ広告」があります。目的に合わせて広告の種類の決め、どの広告媒体に出稿するか決めるのが大切です。

MA(Marketing Automation)

MA(マーケティング・オートメーション)とは、「デジタル技術を使って、マーケティングにおける各プロセスの業務を自動化するデジタルマーケティング」です。商品購入者にフォローアップメールを送ったり、定期的に自社の情報を見込み客に送ったり、これまで人の手で行われていた単純作業を、デジタル技術を使って自動化します。目的に合わせて業務を自動化することで、作業効率の向上が期待できます。

CRM(Customer Relationship Management)

CRM(顧客管理システム)とは、顧客・見込み客の購買履歴から、次の商品購入タイミングを告知するなど、顧客との長期的かつ良好な関係を構築するためのシステムことです。CRMを導入することで、顧客の購買履歴から、顧客の好みが分かったり、次の購入タイミングを予測したり、そのままメールやSNSにて適切でユーザーにとって有益な情報を配信することもできます。

SFA(Sales Force Automation)

SFA(営業支援システム)とは、営業担当者の商談フェーズやスケジュールをクラウドで管理し、共有するためのシステムです。従来の営業では、営業先からわざわざ会社に戻って日報を作成していました。SFAを導入することで、顧客データベースの管理をはじめ、進捗管理や情報共有、書類作成など、営業活動で必要なことを効率化できます。

デジタルマーケティングに活かせる資格

デジタルマーケティングの基礎知識!役立つ資格や転職ニーズ、業界の今後を解説

ここでは、デジタルマーケティングの仕事をする上で、あると便利な資格を紹介します。

ITパスポート

ITパスポートとは、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)といった新しい技術に関する専門的知識があることを証明する資格です。また、WEB関連の知識に限らず、マーケティングを通して必要となる経営戦略や法務、ネットセキュリティやサーバーなどの知識を身に着けていることも証明します。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定は、さまざまな業界でマーケッターとして活躍できる知識があることを証明する資格です。マーケティングの原理や理論に限定せず、即戦力として働くために、実務に関する総合的な出題範囲をとっている点が特徴です。

WEB解析士

SNSが発展しているとはいえ、まだまだWEBを活用するマーケティングの需要が高いです。WEB解析士の資格は、WEB解析を実践し、解析結果から解決すべき課題を発見、実際にとるべき施策を見いだす能力があることを証明してくれます。

Web検定

Web検定は、「Webリテラシー試験」「Webデザイン試験」「Webディレクション試験」「Webプロデュース試験」の4つの試験から構成されています。この中でも、デジタルマーケティングに役立つのは「Webディレクション試験」です。Webサイト全体の情報構造設計などについて学べるため、SEO対策についても専門的な知識を身に着けることができるでしょう。

デジタルマーケティングでよく使われるツール・サービス

デジタルマーケティングの基礎知識!役立つ資格や転職ニーズ、業界の今後を解説

デジタルマーケティングを実践する際には、クラウド型のツール・サービスを利用するケースが多くなっています。ここからは、デジタルマーケティングの現場でよく使用されるツールについて紹介します。

コンテンツのキーワード選定に役立つツール

Google AdWordsキーワードプランナー

WEBサイトのコンテンツを作成する際、どのようなキーワードが適切で、かつアクセス数が期待できるのかを知るためのツールです。適切なキーワードを選ぶことで、自社製品・サービスを購入する見込みの高いユーザーに対して選択的に広告を表示することができます。

アクセスに関わる分析をするのに役立つツール

Google Analytics

Webサイトを訪問した人の数、時間帯、アクセスが集中したキーワードやコンテンツについて、科学的な分析を行うことができます。SEO対策に力を入れたいと考えている人には必須のツールです。

WEBサイトの品質を分析するのに役立つツール

Google Search Console

どのサイトを経由して自社WEBサイトへ訪問してきたのかが分かる他、Google 検索エンジンを使用した場合のサイトのクリック数、インプレッション数(自社広告の表示回数)について知ることができます。

WEBサイトの検索順位を測定するのに役立つツール

GRC

「検索キーワード」で検索したとき、自社サイトが何位に位置するのか調査するためのツールです。現在の検索順位はもちろんのこと、過去に遡っての検索順位も調査することができます。検索された順位はグラフとして表示され、直観的に把握しやすいので、Web解析に馴染みのない人でも手軽に利用できます。

ユーザーがWEBサイトを離脱したタイミングを知るのに役立つツール

Clicktale

Clicktaleとは、世界的にも有名なヒートマップツールです。ユーザーがどのタイミングでサイトを離脱したのか視覚的に分析できるだけでなく、ABテストを同時に行い、それぞれのUXをスムースに比較・検討することができます。アンケートフォームなどから離脱したさまざまな理由・原因を把握することができるため、CVRの向上に繋げることが可能です。

ソーシャルメディア上の投稿データを収集・分析するのに役立つツール

コミュニケーションエクスプローラー

ソーシャルメディアに投稿されているデータを利用し、新しい顧客や市場の開拓、既存顧客の維持といった活動全般をサポートするマーケティングサービスです。プロモーション・PR効果の検証や生活者ニーズ調査・分析など幅広くカバーしてくれます。

保有するデータを一括管理できるサービス

b→dash

b→dashは、デジタルマーケティングのための総合的なプラットフォームです。WEBサイトへのアクセス履歴、実際の購買データ、広告の訴求効果など、複合的な要素を一気通貫でデータ統合します。全ての社員が多くのデータにアクセスできるため、データドリブンマーケティング(データの活用に重点を置いたマーケティング手法)を推進しやすいのが特徴です。

マーケティング活動を自動化するサービス

Oracle Marketing Cloud

MA(マーケティングオートメーション)やCRM(顧客管理システム)、SFA(営業支援システム)が一体化したサービスです。営業担当者が入力した商談フェーズをもとに、AIが次にとるべき行動・アプローチを提案してくれます。

顧客アプローチに特化したマーケティングサービス

Marketo

マーケティングプラットフォームのMarketoは、匿名状態の潜在顧客、見込み客、既存顧客からお得意様(ロイヤル顧客)へとナーチャリング(育成)するのに適しています。見込み客に対して、WEBサイト上の通知、メールマーケティング、ソーシャルメディアマーケティングを含め、多様な角度でアプローチし、購買行動へと繋げていくマーケティングが可能になります。

デジタルマーケティング業界の今後

デジタルマーケティングの基礎知識!役立つ資格や転職ニーズ、業界の今後を解説

デジタルマーケティングの中でも、今勢いを増しているのがAI(人工知能)を搭載したサービスです。すでに、CRMやSFAの大手で使用されているデジタルマーケティングツールは、AIによる機械学習・ディープラーニングがサービスの要となっています。

複雑化する消費者の行動

今や消費者の行動は実店舗やWEBサイトだけに留まらず、ソーシャルメディア、昔ながらの電話にメールなど複雑化しています。デジタルマーケティングに取り込むことで、膨大なデータを集めることができますが、データの分析やマーケティングへの活用には特別なスキルが必要です。

AIの活用

デジタルマーケティングにAIを活用することで、消費者の複雑化された行動から次の行動を予測し、営業担当者に提案するフェーズまで自動化するなど、さまざまな業務の自動化が期待されています。これからのデジタルマーケティングには、ツールを使いこなすマーケッターのスキルと知識も問われるところですが、AIから受けられる恩恵や活用方法について熟知しておく必要があるといえます。

デジタルマーケティングは将来的にもニーズが高い!

複雑化する消費者行動に合わせて、デジタルマーケティングの需要はますます増えていくでしょう。ツールの使い方やマーケティング知識など、デジタルマーケティングに精通しているだけで、転職市場価値は各段にアップします。
どのような業界でもデータドリブンなマーケティングが求められる現代において、デジタルマーケティングで即戦力となる知識・スキルを持ち合わせている人材は、今後よりニーズが高くなるはずです。
イマジカデジタルスケープでは、あなたの希望条件に合った転職ができるよう無料サポートを実施しています。面倒な求人情報の収集や応募書類の代行、面接スケジュールの調整も強力にサポート!デジタルマーケティング業界での転職をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP