映像プランナーとは

映像プランナーとは

映像プランナーとは、映像作品や動画などのコンテンツを企画提案する仕事です。商品広告の現場において、映像効果を用いたPRや販促を行います。

 

映像プランナーの仕事内容とは

動画コンテンツの企画提案

テレビCMやウェディングムービー、Web動画といったクリエイティブのプランニングを行います。企画提案では、市場のニーズを事前に調査・分析し、クライアントの課題解決や要望を満たすためのプランニングが求められます。最近はスマートフォンの普及によりインターネット向けの動画やCM制作の現場でも映像プランナーの活躍の場は増えています。

 

映像プランナーに必要なスキル・経験

映像プランナーは次のようなスキルや経験、知識が求められます。

 

マーケティングに関する知識

映像プランナーはただ映像作品を作り上げるのではなく、視聴者に対し、クライアントが求める訴求効果を高めることを求められます。そのため、マーケティングによる情報収集やデータ分析、制作する映像作品のターゲット選定やコンセプトの立案を行う必要があります。

 

芸術作品全般への興味

映像作品に限らず、絵画や音楽などの芸術作品からも多くの知識を得たり触れたりすることで、企画や制作の幅が広がります。

 

映像プランナーに向いている人

ものづくりが好き

映像プランナーが企画した映像作品は、さまざまな媒体を通じて多くの人の目に触れます。視聴者目線を意識したものづくりを普段からこころがけるようにしましょう。

 

コミュニケーション能力が高い

映像の現場では、ディレクターやカメラマン、クリエイターなどさまざまな職種の人たちと、ひとつの作品を作り上げていきます。多くの人たちの協力を得ながら、円滑に仕事を行うための、コミュニケーション力が重要な要素となります。

 

映像プランナーのキャリアパス

映像プランナーを目指すには、デジタル系の専門学校や映像学科などがある大学で学んだ後、テレビやCMの制作会社やWeb、ゲーム関連の企業へ就職することが近道です。
映像プランナーの経験を積んだ後のキャリアパスですが、クリエイティブディレクターを目指していくのが一般的な流れです。

 

まとめ

映像プランナーの仕事はテレビやCMという枠にとらわれず、最近はYouTubeやセミナー動画などのインターネット動画の分野にも広がっています。個人でも動画撮影が行える時代ですが、コンテンツの質を高め、適切なメッセージ訴求を行うためにも映像プランナーは必要な職種と言えるでしょう。