映像編集とは

映像編集とは

映像編集(映像エディターとも言います)は、テレビ番組や映画、CMに使用する映像素材の編集を行い、決められた時間内に収まるように映像をつなぎ合わせる仕事です。最近はアニメーション制作の現場やDVD、インターネット配信用映像の制作現場でも映像編集の仕事が行われています。

 

映像編集の仕事内容とは

映像編集の代表的な仕事内容には以下のものがあります。

  • 映像素材のつなぎ合わせ
  • 番組のテロップ入れ
  • ぼかしやモザイクといった映像加工

クライアントやディレクターおよび番組スタッフ、映画やCMであれば監督といった人たちと綿密な打ち合わせを行い、脚本を元に撮影された映像をつなぎ合わせて番組として成り立つように仕上げていきます。
また、バラエティー番組などでもよく見るテロップを入れる作業や、顔を映さないためのぼかしやモザイク処理といった映像加工も映像編集者の仕事です。

 

映像編集に必要なスキル・経験

映像編集は次のようなスキルや経験、知識が求められます。

 

映像機器や音響機器に関する専門的知識

特別な資格や免許といったものはありませんが、映像機器や音響機器など、現場で使用する道具や機材についての専門的知識や技術は必要です。独学で学ぶことが非常に難しいため、専門学校や映像メディア学科などがある大学で、さまざまな映像編集に応対できるだけのスキルを身に付けておきましょう。

 

映像編集ソフトに関する知識やスキル

現在は映像編集ソフトを利用してパソコン上で編集作業を行うのが一般的となっているため、編集ソフトに関する知識が必要です。特にAfter EffectsやAdobe Premiereに関するスキルがあると重宝されます。Adobeの知識が必要となる現場で働く場合には「アドビ認定アソシエイト(ACA)」の資格を持っておくと有利です。
 

映像編集に向いている人

細かい作業を行うことが得意

映像編集は非常に細かい作業が多い仕事です。たとえば、つなぎ目が不自然にならないように編集したり、映像時間が足りない場合の速度を調整したりといった技術が必要となります。細かい作業もコツコツと行えるような人に向いています。

 

映像制作に興味がある

編集ソフトやカメラなどのツールや機材などにも関心を持っていることが重要です。専門学校や大学などで知識を身に付けても即戦力として現場で働き始められるというものではありません。普段から自分なりに映像編集を行ってみるなどのバイタリティある人が求められます。

 

コミュニケーションが得意

映像制作の現場は一人で作り上げるものではありません。指示内容や作品の意図をしっかりと把握し、不明点をクリアにしながら円滑に進めていくためのコミュニケーション力が求められます。

 

客観的に制作することができる

映像に受け取り方は人それぞれであるため、偏った視点での演出は多くの人の目に触れる作品を作るのにマイナスになります。客観的な視点での制作が動画編集者に求められる要素のひとつです。

 

体力に自信がある

映像編集の仕事では編集室にこもって長時間編集作業に追われることも多いでしょう。体力だけでなく自分自身でしっかりと体調管理することが必要です。

 

映像編集のキャリアパス

映像編集へのキャリアパスですが、専門学校や映像メディア学科のある大学等にて専門的知識を学んだ後、番組・CM制作会社やゲーム制作会社などに就職することからキャリアがスタートします。
アシスタントとして経験を積んだのち、映像ディレクターを目指していきます。その後は独立してフリーランスの映像編集者として活躍する人もいます。

 

まとめ

映像編集はテレビや映画、CM、DVD、ゲームなどの映像分野での活躍が見込まれる職種です。映像編集者として業界で働くためには、単に映像編集に関する知識を身に付けるだけではなく、日ごろから多くの映像作品に触れたり、実際に作ってみたりしながら自分なりの映像センスを磨くことが大切です。