データマイニングエンジニアとは

データマイニングエンジニアとは

企業の保有するデータを統計学や人工知能といった分析手法を用いてマーケティングに活用する手法のことを指します。データマイニングエンジニアは、データマイニングを行う技術者のことを言います。
データマイニングで得られた情報は、企業のマーケティング戦略や施策の立案に活用され、課題解決に役立たせることができます。

 

データマイニングエンジニアの仕事内容とは

データマイニングエンジニアの代表的な仕事内容には以下があります。

  • 大容量データ分析・検証
  • データ分析の環境構築
  • データマイニングの実施
 

大容量データ分析・検証

大規模なデータを分析・検証します。データマイニングを行う際は実際のデータが必要となります。データ量が多ければ多いほどデータマイニングできる確率が高まります。

 

データ分析の環境構築

データ分析を行うために、基盤やツール、データ分析用のデータベースもしくはデータウェアハウス(DWH)を構築します。収集したデータをデータマイニングが行えるように成形し、システム上で稼働するように設定します。

 

データマイニングの実施

データマイニングの実施には人工知能を活用した「機械学習」という手法と、統計学や確率論を活用した「統計分析」による手法があります。

 

データマイニングエンジニアに必要なスキル・経験

データマイニングエンジニアは次のようなスキルや経験、知識が求められます。

 

統計学に関する知識や経験

データマイニングを効果的に行うには、統計学に関する専門的知識や統計分析の経験があることが望ましいとされています。大学や専門学校などで統計学を体系的に学ぶことは、データマイニングエンジニアになるための近道と言えるでしょう。

 

PythonやR言語でのプログラミング経験

大容量のデータを分析してマイニングするには、統計分析だけでなく、データベース解析用のシステム構築が求められるため、統計分析の分野で用いられるPythonやR言語といったプログラミングの経験や知識が必要です。

 

SQLに関する知識

データマイニングにはデータベースを扱うためSQLの経験や知識も必要です。

 

データマイニングエンジニアとして取得しておきたい資格

企業から評価されやすい資格には以下のようなものがあります。

 

データマイニングエンジニアに向いている人

情報分析が得意

収集したデータの中から重要な情報を見つけ出すのが得意な人は、データマイニングエンジニアに向いています。単に情報を抽出するだけでなく、得た情報をどのように活用するか、普段から自分なりに分析するくせを身に付けておきましょう。

 

ロジカルに物事を考えるのが得意

データマイニングエンジニアとして活躍できる人は、必ずしも理系出身者である必要はありません。ただし、論理的に物事を判断して結論に導くためには数学的思考が必要になることが往々にしてあります。

 

データマイニングエンジニアのキャリアパス

プログラマやエンジニアとして実務に就いた後、データマイニングエンジニアとして必要な言語を身に付けていきます。その後はスペシャリストとして高度技術を身に付けていくか、マネジメントスキルを身に付けて、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーとしてキャリアアップを図るという選択肢もあります。

 

まとめ

データマイニングエンジニアは、比較的新しい業種です。そのため多くの企業ではまだデータマイニングエンジニアという職種が存在していないところもあります。しかし、企業がビックデータを活用した販売戦略やマーケティングを行っていく上で、データマイニングエンジニアの活躍する場は、今後増えていくと思われます。