よく検索されているキーワード

【動画制作入門】動画コンテンツを企画するコツとは?

【動画制作入門】動画コンテンツを企画するコツとは?

現代では、インターネットを中心とした動画マーケティングやコンテンツが広まっており、その広告効果は絶大です。そのため、動画コンテンツを企画・制作する企業が増えています。
動画コンテンツを企画・制作するためには、どのようなことに注意が必要なのかご存じでしょうか。

今回は、動画コンテンツを企画する際のポイントについてご紹介します。

動画コンテンツを企画するには

動画コンテンツは、転換率アップや購入単価アップに効果があるとして、現在注目を集めているマーケティング手法です。
動画コンテンツが一般的になった背景には、技術の進歩により、動画を安価に制作できるようになったことや、YouTubeなどの動画共有サイトの拡大があります。

動画コンテンツは初心者でも制作でき、公開する方法も数多くありますが、視聴者の印象に残る動画コンテンツを制作することは、非常に難易度が高くなります。
視聴者に響く動画コンテンツを制作するためには、動画コンテンツを企画する段階で、意識しておきたい点があるのです。

以降では、動画コンテンツの企画を立てる際のコツや、動画コンテンツを評価してもらうポイントについてご紹介します。

動画コンテンツの企画を立てる際のコツ

ここでは、視聴者の印象に残る動画コンテンツを作るために大切な、動画コンテンツの企画を立てる際の2つのコツについてご紹介します。

1.伝えたいことを明確にする

まずは動画で「何を伝えたいか」を明確にしましょう。
例えば、新商品の魅力や、新しく立ち上がった事業のPR、会社自体の紹介など、伝えたいメッセージを明確にする必要があります。

2.ターゲットを決める

【動画制作入門】動画コンテンツを企画するコツとは?

伝えたいことを明確にできたら、そのメッセージを誰に伝えるのか、「ターゲット」を決めましょう。
なおターゲットは、「20~40代の会社員」といった大きなくくりではなく、「渋谷のIT企業に勤めていて、キャリアアップを目指している20代男性」など、具体的にする必要があります。

ターゲットが絞られていると、動画制作時に「背景は渋谷のビル街にしよう」「仕事もバリバリこなせる!というセリフを入れよう」といったアイデアが生まれ、訴求効果の高い動画コンテンツを作ることができます。

動画コンテンツの企画を評価してもらうためには

動画コンテンツは企画の段階で、「どのようなターゲットに、何を伝えるのか」を徹底的に考え抜く必要があります。
深く考察して企画を立てたら、動画コンテンツを実際に制作して公開するために、会社内で制作の承認を得る必要があるでしょう。

ここでは、動画コンテンツの企画を承認してもらうために、動画コンテンツについて伝えるべきポイントや、評価を左右するポイントについてご紹介します。

動画コンテンツについて伝えるべきポイント

【1】動画コンテンツのメリット

動画コンテンツのメリットを伝えることは、企画を評価してもらうことにつながります。
なお、動画コンテンツの最大のメリットは、訴求効果の高さです。文章や画像では伝わらない細かな情報を伝えることができるため、製品やサービスに関する理解度を向上させることができます。

【2】動画コンテンツの制作工程

動画コンテンツの制作には、シナリオや絵コンテ作り、ロケ地と出演者の決定、撮影・編集など、さまざまな制作工程があります。そのため、制作したい動画コンテンツに合わせ、担当者や制作期間、費用などの制作工程を提示するようにしましょう。

【3】動画コンテンツの重要性

近年、動画コンテンツの市場は急速に拡大しています。動画コンテンツの市場規模や、動画コンテンツがもたらす効果など、動画コンテンツの重要性を具体的に示しましょう。
また、自社サイトと動画サイトのどちらに載せるかなど、動画制作後の公開方法も提示できれば、さらに説得力が増します。

動画コンテンツを評価してもらうポイント

【1】高い費用対効果を目指す

【動画制作入門】動画コンテンツを企画するコツとは?

コンテンツの制作に掛かるコストをできるだけおさえた、費用対効果が高い企画が評価されやすいといえます。
具体的には、「動画の出演者を俳優ではなく、社員を起用する」「貸しスペースよりも社内の会議室を利用する」といった工夫で費用をおさえつつ、効果的なマーケティング方法なども紹介し、高い効果が上げられることを主張しましょう。

【2】具体例を考えておく

動画コンテンツの具体例として、類似している動画コンテンツの紹介がもっとも分かりやすいでしょう。一貫して同じような動画がなくても、「演出はこの動画、ストーリーはこの動画をイメージしています」と具体例を伝えられれば、それだけで聞き手の理解度が増し、評価につながります。

おわりに

今回は、動画コンテンツを企画する際のポイントについてご紹介しました。
動画コンテンツは、情報を正確に分かりやすく伝える手段の1つです。動画コンテンツを企画する際は、動画コンテンツのメリットを理解し、制作の目的やターゲットなどを明確にすることが大切です。入念な準備を行って、企画を成功へと導けば、企業の業績にも大きく貢献することでしょう。


映像・放送に関する求人を見る

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP