よく検索されているキーワード

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

6月に開催したSTEP1が好評を得、STEP2を開催することになった映像匠塾。
本日は、9月24日(土)セミナー当日の模様を写真とともに紹介させていただきます。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

当日は生憎の雨模様。
参加者の皆様が集まる時間帯にちょうど雨脚が強まり、皆様に来ていただけるのか不安がよぎります。

会場はSTEP1と同様、東京工芸大学アニメーション学科中野キャンパスの『マイブリッジシアター』です。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

運営スタッフは、ご参加の皆様が来場される前に準備作業。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

準備完了!

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

雨にも関わらず、受付前から徐々にご参加される皆様が集まっていただき、ホッと胸をなでおろしました。
今回も前回同様定員の2.5倍を超える応募があっため、厳正なる抽選により、参加者を絞らせていただきました。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

当日は55名の方に参加いただきました。
空模様を考えたら、たくさんの方に集まっていただき感謝です。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

セミナーは定時でスタート。
まずはじめに、会場を貸していただいた東京工芸大学芸術学部アニメーション学科准教授 城戸孝夫様よりご挨拶をいただきました。

STEP1に引き続き、快く会場を貸していただきました。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

第一部は『VRコンテンツ制作の基本』と題し、ビジュアルテクニカルアドバイザー 川舩公雄氏に登壇いただきました。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

STEP1に続き今回も、Mr.匠塾川舩氏にVRコンテンツ制作の基礎を映像を交えてお話いただきました。
川舩氏には一体いくつ引出しがあるのか、ただただ感服です。

・VRとARの違い
・実写VRコンテンツの制作方法
・VRの投影方法

他。

今回も盛りだくさんの内容でした。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

休憩をはさんで、第二部は『VR/ARコンテンツ制作手法』と題し、オートデスク株式会社 門口洋一郎氏に登壇いただきました。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

VRコンテンツの最新事情やエンターテイメントにとどまらないVRの活用事例のお話しや、Kinectを用いての実演もありとても勉強になりました。

川~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

その後の質疑応答。
とても興味深い内容だったため、自然とたくさんの質問が出て、講師のお2人には、ひとつひとつ丁寧にお答えいただきました。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

最後は弊社からのご案内。
お仕事紹介、人材紹介が弊社の本業です。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

講演が終わってからも、個々に質問される方が多数いらっしゃいました。

今回も沢山の方に参加いただきまして、誠にありがとうございました。
またの参加をお待ちしております。

~映像匠塾2016セミナー当日レポート~ 今が旬!わかっているようでわかっていないVRコンテンツ制作の基本

今回ご参加いただいた皆様には、 アンケートにご協力いただきました。
以下、一部をご紹介いたします。

〔川舩氏の講演に対する感想〕

・基礎的な情報を知らなかったので知ることができた(エディター)

・作業方法を手順を追ってくれた他、工程の意味を明確化してくれた(学生)

・VRの知識(仕組み)を得ることができた(3DCGデザイナー)

〔門口氏の講演に対する感想〕

・最新の情報に触れられて興奮した(映像制作)

・VRの可能性が広がっている事が理解できた(エディター兼アシスタントマネージャー)

・海外での仕事の事例など知らない技術がたくさんあって面白かった(CGデザイナー)

▼STEP1
第一回の模様はこちら
「スペシャリストによるカラーマネージメント・カラーグレーディング指南」

イマジカデジタルスケープ 映像匠塾事務局

PAGETOP