よく検索されているキーワード

【映像業界志望の方向け】デモリールの基本的な作り方

【映像業界向け】デモリールの基本的な作り方

今回は、映像業界志望の方向けにご紹介していきます。

映像業界に就職・転職する際、履歴書・職務経歴書と併せて重要な鍵となるのがデモリールです。
実際に作り始めると「どうやってまとめたらいいの?」「見やすくするポイントは?」…など、悩むことも多いのではないでしょうか。
デモリールは自分のセンスやスキル、経験を企業にアピールするのが大きな役割ですが、実は作り方ひとつで選考結果を左右する場合もある重要な資料です。

そこで、多くのデザイナー・クリエイターの就職サポートを行ってきたイマジカデジタルスケープがデモリール作成のコツをまとめた動画を大公開!初めてデモリールを作る方、基礎をおさらいしておきたい方、必見です。頑張って作った作品をよりよく見せるため、ぜひ参考にしてください。

押さえたい制作ポイント

9つのポイントをおさらい!
詳細は動画で見直していきましょう。

  1. xxxxx

    ポイント1
    デモリールの長さは2分程度に抑えよう! (0:24)

  2. xxxxx

    ポイント2
    応募企業の傾向にあう作品をはじめにもって来よう! (0:31)

  3. xxxxx

    ポイント3
    作品タイトル・担当箇所を記載しよう! (0:40)

  4. xxxxx

    ポイント4
    1カット10~15秒くらいを目安にしよう! (0:49)

  5. xxxxx

    ポイント5
    スキルや経験の幅をアピールしよう! (0:57)

  6. xxxxx

    ポイント6
    苦労したシーンや自信のあるカットなども盛り込もう! (1:06)

  7. xxxxx

    ポイント7
    デモリールには文字を書きすぎないように! (1:18)

  8. xxxxx

    ポイント8
    未発表、未公開作品は使わないように気を付けよう! (1:25)

  9. xxxxx

    ポイント9
    デモリールを提出するときは、YouTubeの限定公開やVimeoなどを使ってみよう! (1:33)

最後に

繰り返しになりますが、デモリールは自分自身をアピールする重要な資料です。ただ作品を並べただけになってしまわないよう、デモリールを作る前や企業に提出する前に、改めて動画を振り返ってチェックしてみましょう!

▼映像制作に関連するお仕事を探したい方はこちら!
イマジカデジタルスケープでは映像制作に関連する転職・求人情報を掲載しています。 少しでもご興味がある方は下記から自分にあったお仕事を探してみましょう。

▼転職を考えるクリエイターのための「ポートフォリオ制作のコツ」個別相談会も実施中!

集計期間:2022/7/8 〜 8/8

集計期間:2022/8/1 〜 8/8

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP