よく検索されているキーワード

超高精細画像をインタラクティブに高速表示する「 Infinite Pixel Viewer 」をお披露目!

超高精細画像をインタラクティブに高速表示する「 Infinite Pixel Viewer 」をお披露目!

2019年11月13日~11月15日にかけて、幕張メッセにて行われた2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)にて、私たちデジリアが現在開発中の最新システム「Infinite Pixel Viewer」が初めて公開されました。

超高精細画像をインタラクティブに高速表示する「 Infinite Pixel Viewer 」をお披露目!

カメラ、及びディスプレイの性能向上と低価格化により、4Kや8Kといった高画質な動画や写真を「撮る」ことや、「見る」ことは身近になってきました。
ですが、その高画質な画像に説明文を付けたり、装飾を付けたりして、公開するための「コンテンツ」として作成する場合、価格の高い編集ツールを用いたり、専門家による作業を発注する等、「使う」「公開する」には、まだまだ高いハードルがありました。

「 Infinite Pixel Viewer 」では、それらのハードルを取り除き、撮影時の高い解像度を生かしたままの画像や、さらに複数の高解像度画像を組み合わせて生成される「ギガピクセル」を超える超高精細画像を複数行き来するような公開コンテンツを、手軽に作成することができます。

超高精細画像をインタラクティブに高速表示する「 Infinite Pixel Viewer 」をお披露目!

超高精細画像をインタラクティブに高速表示する「 Infinite Pixel Viewer 」をお披露目!

Inter BEEの会場では、「Infinite Pixel Viewer」の制作ツールである「スタジオ」を使って、コンテンツを編集し、その編集内容を即座に8Kディスプレイに表示するまでの工程を、実際に体験していただくことができました。
また、Inter BEEの体験用に用意した画像は、「30,000×25,000(7.5億画素)」のものをはじめとして、最大は「60,000 x 30,000(18億画素)」という超高精細画像であり、それらを8Kモニター上でユーザーが自由に移動・ズームして表示することが可能でした。

「 Infinite Pixel Viewer 」は、2月頃のリリースを目標に、鋭意開発中です。特設サイトもありますので、そちらもご覧ください。 (http://digirea.com/ipv/)

超高精細画像をインタラクティブに高速表示する「 Infinite Pixel Viewer 」をお披露目!

参照:
フィンセント・ファン・ゴッホ」フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(2019年11月13日取得)
The Starry Night © Vincent van Gogh [Public domain via Wikimedia Commons] / Google Art Project

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP