よく検索されているキーワード

退職届・退職願の正しい書き方を見本付で解説!円満に退職するコツも

退職届・退職願の正しい書き方を見本付で解説!円満に退職するコツも

退職時に欠かせない、退職届・退職願の書き方を見本例つきで解説します。手書きがいいのか、縦書きがいいのか、といったマナーもご紹介。円満退職のために退職届の書き方とポイントを確認しておきましょう。

退職届と退職願の違い

実は退職届と退職願は一見似ていますが、全くの別物です。退職届は、提出する人が会社に「退職する旨」と「退職する日」を意思表示するものです。法的にはこの意思表示のち、一定期間を経ると退職が認められます。
退職願は提出する人が会社に退職を「願い出る」ものです。受理されることで会社が「退職の希望を受け入れた」という表明になります。
一般的なマナーとしては先に退職を打診し、正式に退職日が決まったら退職届を提出します。会社によっては口頭で願い出れば退職願は不要な場合もありますので、社内規定などで確認しておきましょう。

退職届と退職願の書き方

退職届も退職願も会社に提出する大切な届け出です。便箋は白のA4もしくはB5サイズが一般的です 。白紙便箋が一般的ですが、罫線が入っているものでも特に問題はありません。
間違いがないように、丁寧に書いていきましょう。

見本(縦書きの場合)

見本(縦書きの場合)
  1. 冒頭に「退職届」or「退職願」と書きます。
  2. 「私儀(わたくしぎ)」or「私事」と書きます。
  3. 退職理由・退職希望日を記載します。退職理由は、自己都合の場合は全て「一身上の都合」で問題ありません。
  4. 退職願は「お願い申し上げます」で締めます。退職届は「退職いたします」で締めます。
  5. 退職願、退職届ともに「提出」する日付を書きます。
  6. 所属と名前を記入し、名前の最後に捺印しましょう。
  7. 宛名として会社の正式名称、社長名を書きます。敬称は「殿」か「様」です。

退職届は、見本例のように縦書きするのが一般的とされています。法的にはパソコンで作成することや横書きでも問題ありませんが、手書きで縦書きが丁寧で誠意があると捉える人が多いようです 。ただし、会社によって作成方法や書式が指定されている場合もあるので、就業規則を確認しておきましょう。パソコンで作成する場合も、署名の部分は手書きにします。

手書きに使用するペンは黒ボールペンか万年筆です。摩擦で消えるペンは使用しないようにしましょう。書き損じた場合は、修正ペンやテープは使わずに必ず書き直すようにしてください。

続きはクリ博ナビPROでご覧いただけます

退職届・退職願の正しい書き方を見本付で解説!円満に退職するコツも

続きを読む

クリ博ナビPROとは?

「クリ博ナビPRO」はイマジカデジタルスケープが運営する転職サイト。
ゲーム、映像、アニメ、マスコミ、Web・IT等の業界特化。
仕事選びから求人応募、企業とのやりとりまで自分のペースで転職活動が可能!
あなたの経歴やポートフォリオの登録で、求人企業の人事から直接スカウトが届く。
動画で企業の人事に自己PRできる機能も充実。

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP