よく検索されているキーワード

転職を失敗する理由と失敗する人の特徴3選!後悔のない転職術

転職を失敗する理由と失敗する人の特徴3選!後悔のない転職術

転職に失敗する理由&失敗する人の特徴をそれぞれ3選にまとめました。さらに、クリエイティブ業界の特徴と転職事情も解説します。

「転職失敗だ!」と後悔する理由3選

転職において失敗とはどのような状態を示すのでしょうか?ここでは「転職に失敗した!」と後悔する主な理由を3つ紹介します。

・職場の雰囲気が自分にマッチしていない
・待遇が説明と違う
・思っていたよりも活躍できない

■職場の雰囲気が自分にマッチしていない

仕事内容や給与面の条件には満足しながらも、社風や職場の雰囲気に馴染めないと、働きづらくなります。雰囲気というのは入社前の段階ではなかなか判断できない要素のため、入社後しばらくしてから気付くケースがほとんどです。

■待遇が説明と違う

いざ入社してみたら、勤務時間や残業時間、給与、休暇などが求人ページや面接の際の説明とは異なる待遇だった、というケースもあります。入社前に実際に働く人に話を聞くなど、現場の生の声をきくことも重要です。自分と会社の理解にズレがないか確認しましょう。また確認には、内定から入社するまでの期間にもらえる「労働条件通知書」を使うことも考えてみましょう。「労働条件通知書」は労働者に対して伝えなければならない事項を正確に記載した文書です。求人と照らし合わせ、引き続き会社を入念にチェックする、という方法もあります。

■思っていたよりも活躍できない

転職前に抱いていた理想と転職後の現実とのギャップが原因で後悔する例も少なくありません。事前にその仕事がどれほどの難易度か、自分のスキルとマッチしているか、しっかりと吟味することが必要です。会社に関する情報収集はもちろん、自己分析も徹底して行い、入社後の自分の働きぶりやポジションをある程度イメージしておきましょう。

原因はこれ!転職に後悔する人の特徴3選

・ネガティブな感情から新天地を求める
・転職先の情報収集を怠る
・「転職すること」が目的になってしまう

■ネガティブな感情から新天地を求める

勤務条件や雰囲気、評価に対する不満があると、ふとその会社から「逃げ出したい」というネガティブな感情が生まれることもあります。転職に失敗する人は、その負の感情だけで安易に転職活動を行い、転職先で同様の不満を感じて、また何度も転職を繰り返してしまう人も多いです。

■転職先の情報収集を怠る

「どこでもいいから早く転職を決めたい」という焦りから、しっかり情報収集をしないまま転職先を決めて失敗する人も多いです。面倒くさがったり、給与面や残業の有無等などを重要視しすぎて判断要素が偏ってしまったりすると、結果失敗してしまうことがあります。

■「転職すること」が目的になってしまう

「ここではないどこかで働いてみたい」「新しい環境に身を置きたい」という漠然とした憧れやイメージだけで転職活動を進めると、失敗してしまうケースが多いです。理想の働き方を実現するための「手段」であるはずの転職が、いつの間にか「目的」になってしまうと、いろんな職場を転々とするだけで同じ失敗を繰り返してしまいます。

続きはクリ博ナビPROでご覧いただけます

続きはクリ博ナビPRO

転職を失敗する理由と失敗する人の特徴3選!後悔のない転職術

続きを読む

クリ博ナビPROとは?

「クリ博ナビPRO」はイマジカデジタルスケープが運営する転職サイト。
ゲーム、映像、アニメ、マスコミ、Web・IT等の業界特化。
仕事選びから求人応募、企業とのやりとりまで自分のペースで転職活動が可能!
あなたの経歴やポートフォリオの登録で、求人企業の人事から直接スカウトが届く。
動画で企業の人事に自己PRできる機能も充実。

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP