よく検索されているキーワード

転職時の内定辞退はいつまで?複数内定時の承諾保留の仕方・例文

転職時の内定辞退はいつまで?複数内定時の承諾保留の仕方・例文

転職活動中、第一志望の企業は選考中なのに、第二志望の企業で先に内定が出ることも。今回は内定辞退や承諾保留についてご紹介します。

内定辞退はいつまでにすべき?

  • ・内定から2~3日
  • ・長くても1週間以内に辞退
  • ・1週間以上の場合は返答期限の延長を連絡

辞退の連絡は2~3日以内

もし、内定をもらった後にすでに辞退の意思が固まっているならば、辞退の連絡は少なくとも2~3日以内には連絡を行いましょう。

長くても一般的な返答期限である1週間以内に辞退

長くても一般的な返答期限である1週間以内の辞退が望まれます。ただし、辞退が決まっているなら、早めに。内定辞退はできるだけ早く行うことがマナーです。

1週間以上の場合は返答期限の延長の連絡があらかじめ必要

1週間以上になると、企業へ承諾保留についてあらかじめ返答期限の延長を依頼する必要が出てきます。連絡が遅くなればなるほど、企業側にとっては採用計画に狂いが生じます。迷惑をかけないためにも、早めの連絡を心がけましょう。

承諾後に辞退はできる?内定辞退する際のマナー

一旦内定を承諾したものの、やはり辞退したいという場合も起こり得ます。基本的には、一旦承諾した後の辞退はNGです。内定を辞退する際のマナーについて詳しく紹介致します。

承諾後の辞退は基本的にNG

基本的には、一旦承諾した後の辞退はNGです。内定を承諾したことによって企業側は受け入れの準備を始めています。辞退により新たに求人を行う必要も出てくるため、トラブルに発展する可能性もあります。
法的には内定承諾の拘束力はないため、内定承諾後の辞退は、止むを得ない場合のみ可能です。責任を持った行動を取るのは社会人として当然のマナーですので、承諾後辞退を安易に考えずに、内定の承諾は慎重に行いましょう。

保留できるのは長くても1週間と考える

内定をもらったものの、本命の企業からは結果待ちの状態という場合や、他の企業と検討して入社を決めたいという場合もあるでしょう。その場合には、内定承諾を保留するという方法もあります。
しかし、保留も同様に、長くても1週間。通常、内定承諾の返答期限が1週間程度だからです。それ以上になる場合には、企業に内定承諾の期限を待ってもらうように依頼する必要があります。ただし、企業側はできるだけ早い承諾を望んでいる場合が多いので、承諾保留を申し出た場合、内定そのものが取り消される可能性も出てくるため注意が必要です。承諾保留に応じてくれるかどうかはその企業次第ですので、誠意を持って依頼するようにしましょう。

内定辞退を伝える時のポイント

続きはクリ博ナビPROでご覧いただけます

続きはクリ博ナビPRO

転職時の内定辞退はいつまで?複数内定時の承諾保留の仕方・例文

続きを読む

クリ博ナビPROとは?

「クリ博ナビPRO」はイマジカデジタルスケープが運営する転職サイト。
ゲーム、映像、アニメ、マスコミ、Web・IT等の業界特化。
仕事選びから求人応募、企業とのやりとりまで自分のペースで転職活動が可能!
あなたの経歴やポートフォリオの登録で、求人企業の人事から直接スカウトが届く。
動画で企業の人事に自己PRできる機能も充実。

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP