よく見られている記事

YouTube広告を効果的に使うポイント3つ!出稿の仕方、かかる費用について

この記事は”3分”で読めます

YouTube広告を効果的に使うポイント3つ!出稿の仕方、かかる費用について

YouTubeに投稿された動画を見ていると、数秒~数分程度の別の動画広告が入ることがあります。大手企業が打ち出している広告もありますが、中小企業や個人でも、予算と動画があれば広告を打ち出せます。
今回はそんな広告の出し方、費用について紹介します。

 

目次

  1. 1– YouTube広告とは?Google Adwordsの提供する広告について
  2. 2– YouTube広告を効果的に出す3つの準備!誘導先、届ける相手、広告の長さを考える
  3. 3– YouTube広告の料金が発生するのはユーザーが再生したときだけ
  4. 4– どんな広告が効果あるの?5つの成功事例から見る効果的な広告
  5. 5– YouTube広告を効果的に使うことは企業の成長につながる

 

◆YouTube広告とは?Google Adwordsの提供する広告について

正式名称を「TrueView」というYouTubeの動画に入る広告は、Googleの「Adwords」というサービスで提供しています。動画広告の概要は次の通りです。

・広告用の動画を用意
・広告先の指定
・予算の設定

上記の3つの手順で誰でも広告を打ち出すことができます。まずは動画を用意し、YouTubeにアップロード。その後にGoogle広告でYouTube上のキャンペーンを開始することで、アップロードした動画が関連動画の前後や検索結果に動画広告として表示されるようになります。
You Tube広告は予算を考えて、年齢、性別、地域、関心分野などでターゲットを絞り、効果的に運用することで、会社の売り上げを大きく伸ばすことができます。

・広告の種類は3種

YouTube広告には以下の3種類があります。

・TrueViewインストリーム広告
・バンパー広告
・TrueViewディスカバリー広告

・TrueViewインストリーム広告

ユーザーが視聴したい動画の再生前に流れる、スキップ可能な動画広告です。ユーザーが10分以上の尺がある動画を視聴している場合は、視聴途中と視聴後にも動画広告を流すことができます。動画広告再生から5秒経過するとスキップボタンが現れ、クリックすると動画広告が終了します。

・バンパー広告

モバイル向けの6秒間の動画広告です。流れるタイミングはTrueViewインストリーム動画と同じですが、6秒間という短い時間の中でアピールポイントを的確に伝える必要があります。スキップボタンが表示されないので、ユーザーの意識を動画広告の内容に集めやすいのが特徴です。

・TrueViewディスカバリー広告

ユーザーが検索結果、トップ、関連動画の横に表示されたサムネイルをクリックすることで再生される動画広告です。ユーザーが視聴したい動画の再生中に自動で流れるTrueViewインストリーム広告やバンパー広告と違い、能動的に動画広告を再生してもらう必要があります。

 

◆YouTube広告を効果的に出す3つの準備!誘導先、届ける相手、広告の長さを考える

YouTube広告を効果的に使うポイント3つ!出稿の仕方、かかる費用について

YouTube広告を効果的に使うには、広告を出す前に行っておくべき準備が3段階あります。

・広告の誘導先の設定
・広告を見てもらいたいユーザーを指定
・動画広告の長さの設定

PC開発部には藤井部長の下に、CGデザイン部門、制御部門、企画部門とそれぞれ3人のマネージャ兼ディレクターがいて、僕はその中のCGデザイン部門を担当しています。
具体的にはクライアントのメーカー様との折衝、CGのスケジュール、品質管理です。

・広告の誘導先の設定

動画広告からYouTubeに投稿した他の動画を見てもらうのか、他のサイトを開いてもらうのか、誘導先を決めましょう。動画広告を見たユーザーがどんな行動を起こすのか計算して考えます。

・広告を見てもらいたいユーザーを指定

制作した広告を表示する地域、年齢、興味関心を考えてユーザーを指定します。You Tubeの動画広告は世界中どこのユーザーに対しても表示させることができ、関心事を100以上のカテゴリから組み合わせて特定のユーザーに狙いを定めることも可能です。

・動画広告の長さの設定

動画の長さを6秒か60秒で作成するだけで、適切なユーザーに広告が表示されるようになります。上記で解説したTrueViewインストリーム広告とバンパー広告の特徴なども加味して、動画広告の長さを考えましょう。

 

◆YouTube広告の料金が発生するのはユーザーが再生したときだけ

YouTube広告を効果的に使うポイント3つ!出稿の仕方、かかる費用について

YouTubeの広告にかかる費用、打ち出すタイミングなどは、広告主が自由に設定できます。そのため、必要以上に費用がかかることはありません。予算などについては次の通りです。

・動画広告の1日あたりの予算を設定する
・広告費用が発生するのはユーザーが広告を自発的に視聴したときのみ
・予算、支払い方法はいつでも変更可能

・動画広告の1日あたりの予算を設定する

YouTubeの動画広告は1円から設定可能です。ほとんどの企業は1日1000円から設定しています。

・広告費用が発生するのはユーザーが広告を自発的に視聴したときのみ

ユーザーが広告を自ら再生したとき、オーバーレイやバナーをクリックしたときにのみ費用が発生します。これにより、無駄な予算を抑えて広告を出せます。

・予算、支払い方法はいつでも変更可能

予算や支払い方法はGoogle Adwordsにアクセスして、いつでも設定を変更できます。

 

◆どんな広告が効果あるの? 5つの成功事例から見る効果的な広告

YouTube広告を効果的に使うポイント3つ!出稿の仕方、かかる費用について

YouTubeで売り上げが伸びた企業の広告事例を5つご紹介します。

・Tuft&Needle
– 広告の効果で売り上げ1億ドルを達成

Tuft&Needleはマットレスを販売している、わずか6000ドルで立ち上げた企業です。しかし、You Tube広告を始めることで、たった5年で1億ドルの売上を達成。動画広告の制作には全て自社のメンバーが携わり、30秒~2分の簡潔で短い、最後まで見てもらえる動画づくりを行っています。

・Tulane’s Closet
– YouTubeの利用で売り上げはほぼ毎年倍増

Tulane’s Closetはペット用術後服を制作している会社です。少ない予算で開始した動画広告掲載でも、ペット用品や獣医、犬を探しているユーザーにターゲットを定めることで、効果的なアプローチに成功。商品は世界中の獣医から注文を受け、売上がほぼ毎年倍増しました。

・Majestic Heli Ski
– 5年で顧客基盤が4倍以上に

思い出に残るようなスキー体験を提供しているMajestic Heli Skiは、動画広告でその体験をアピールしました。動画にすることで、部屋や風景の景色、お客様が暖かい歓迎を受けている様子など、多くの情報を瞬時に伝えることが可能になります。サービスの全体像を分かりやすく伝えることで、結果として5年で顧客基盤が4倍以上になりました。

・Missouri Star Quilt Company
– 個人事業が400人以上を雇う大企業へ

Missouri Star Quilt Companyはキルト生地扱った小さな店舗でしたが、今では400人以上を雇う大企業へと成長しました。創設者のJenny Doan氏はYouTubeで「キルトの作り方」について検索しているユーザーの多さに気づき、キルト生地についての動画を積極的に作成。ユーザーの興味をリサーチし、需要の高いコンテンツを制作することで効果的に動画広告を運用しました。

・LSTN ヘッドフォン
– ブランド立ち上げからビジネスの成長までをYouTubeで

LSTN ヘッドフォンは単なるヘッドフォンメーカーではなく、社会に貢献できる企業になることを理念として挙げています。その理念の元、商品だけをアピールするのではなく会社の意識をユーザーに感じてもらえるように動画広告を制作。熱意や情熱、感情を揺さぶる動画で、会社の方向性に共感を呼び、新しい顧客の獲得に成功しました。

 

◆YouTube広告を効果的に使うことは企業の成長につながる

YouTube広告は誰でも動画広告を打ち出すことができ、その結果、小さな企業が大企業に成るといった事例も数多くあります。You Tube広告の費用は広告が再生されたときのみ発生するので、無駄に費用がかかる心配がありません。ユーザーの興味を惹く動画制作は簡単なことではありませんが、最近ではYouTube動画広告制作を専門に扱う企業も出ています。You Tube広告を効果的に使うことは企業の成長にも繋がるので、まずトライしてみてはいかがでしょうか。

▼動画広告に関連するお仕事を探したい方はこちら!

イマジカデジタルスケープでは動画広告に関連する転職・求人情報を掲載しています。
少しでもご興味がある方は下記から自分にあったお仕事を探してみましょう。

 

映像・放送に関する求人を見る

PAGETOP