よく検索されているキーワード

【プロダクト業界志望の方向け】ポートフォリオの基本的な作り方

【ゲーム業界志望の方向け】ポートフォリオの基本的な作り方

今回は、プロダクト業界志望のデザイナー向けにご紹介していきます。

デザイナーが就職・転職活動をする際、履歴書・職務経歴書と併せて必要となるのがポートフォリオです。
実際に作り始めると「どうやってまとめたらいいの?」「見やすくするポイントは?」…など、悩むことも多いのではないでしょうか。
ポートフォリオは自分のセンスやスキル、経験を企業にアピールするのが大きな役割ですが、実は作り方ひとつで選考結果を左右する場合もある重要な資料です。

そこで、多くのデザイナー、クリエイターの就職サポートを行ってきたイマジカデジタルスケープがポートフォリオ作成のコツをまとめた資料を大公開!初めてポートフォリオを作る方、基礎をおさらいしておきたい方、必見です。頑張って作った作品をよりよく見せるため、ぜひ参考にしてください。

はじめに

ポートフォリオ作成時に意識すること

  • 自分以外の人が見ても理解できる
  • 自身のできることがちゃんと伝わる
  • 自分の長所のPRができている
  • 先方の採用意図をくみ取れている

ポートフォリオを見るのは応募企業の採用・現場担当です。見る側のことを考えた内容にしましょう。

チェックリスト

  • 応募職種に応じた内容になっているか
  • 未リリースや社外秘の内容は含まれていないか
  • 掲載作品は古すぎないか
  • 相手が見やすい量になっているか
  • フォントサイズなど作品のスタイルは統一されているか
  • 構成は適切か(例:時系列/職種別/実務オリジナル等)

構成・デザインの作成ポイント

構成・デザインの作成ポイント

基本構成は
表紙>自己紹介>目次>作品・・・・>裏表紙です。
面接官や応募企業が「⾒やすく、分かりやすい」作品で仕上げましょう。
(背景カラーや文字のサイズやフォント、写真のバランスなど、自分の好みだけでなく「相⼿からの⾒やすさ」を重視しましょう)
ポートフォリオ自体の「情報デザイン/グラフィックデザイン」のクオリティもデザインスキルやセンスとして判断されます。

自己紹介ページのポイント

自己紹介ページのポイント
企業が知りたい情報
必須
  1. 略歴情報
  2. 使用可能ツール、スキル
  • 自己PR
あると良い
  1. 自身の写真、イラストなど
    履歴書とは違うので個性の出せるものでOK
  • 趣味

企業によって書類を見る順番は異なるので、どの書類から見ても「どんな人か」が分かるように、基本情報はなるべくすべての書類に記載しましょう。
確実に採用担当者の目に入ります。

目次のポイント

目次のポイント

商品タイトルや社歴ごと、デザインカテゴリごとに纏めて掲載しましょう。
キービジュアルとセットで掲載したり文字で概要を補足したりしておくと、より分かりやすくまとまります。

作品ページのポイント

採用担当者が見ているポイントはこちらです。

企業が知りたい情報
  • どういった案件で(案件概要・制作期間・デザインコンセプト)
  • 何を制作したか(担当業務、担当フェーズ)
  • メンバーは何人で自分はどのポジションなのか(メンバー構成)
  • 使用ツール
  • 工夫した点、評価されたポイントなど、なるべく文字情報で盛り込みましょう!

プロダクトデザイナー、UIデザイナー、それぞれの職種で特に押さえたいポイントをチェックしていきましょう。

プロダクトデザイナー向け

プロダクトデザイナー向けポートフォリオサンプル①
プロダクトデザイナー向けポートフォリオサンプル②

採用担当者は「どのようなデザイン検討を経て、このデザインに至ったのか」を知りたいと思っています。作品ページ内には、完成品のビジュアルだけでなく、制作過程についての説明も必ず載せるようにしましょう。
同様に、アイデアスケッチやラフ案などの検討途中の資料をあわせて掲載するとさらに効果的です。
ポートフォリオへの掲載が難しい場合は、個人制作でのアイデアスケッチやラフ案をちりばめたページを用意するのも一手です。

UIデザイナー向け

UIデザイナー向けポートフォリオサンプル①
UIデザイナー向けポートフォリオサンプル②

最終的な完成品のビジュアルと一緒に、打ち合わせの風景やマッピングの結果などの実際の検討時の写真資料などを掲載することで、仕事の進め方をアピールすることができます。また、実際にユーザーが使用しているシーンや、アプリの画面遷移図などがあると、サービスの内容や商品の詳細が伝わりやすくなります。

裏表紙のポイント

裏表紙のポイント

最後にはお礼の言葉を添えられるとベストです。
また、作品へのコメント自分の思い、今後のキャリア展望、デザインで大切にしていることなどを明文化することで担当者へ熱意を伝えることもできます。

よくある質問

どれくらいのページ数・作品数で纏めたらいいの?

約15ページから30ページ、作品数としては10~20作品くらいが望ましいです。量が多すぎると採用担当者が負担に感じやすく、少なすぎるとアピール不足に繋がります。

プロジェクト概要や業務フローなどの制作過程などを詳しく掲載したい場合は、自信のある作品や評価された作品などを数点ピックアップして説明を詳細に記載し、その他の作品は概要のみで纏めるなど、ボリュームが大きくなり過ぎないように注意しましょう。

採用担当者はどこを見ているの?

デザインスキル、携わった商材情報はもちろん、ポートフォリオそのものの完成度も見ています。

キーワード選び、フォント選び、字詰め、レイアウトにおける余白の使い方なども力量、センスを計る基準としてチェックされます。ただ作品を並べるだけのポートフォリオにならないよう、一つのまとまった作品として仕上げましょう。

まずなにから始めたらいいの?

自分の経歴や作品の書き出し、棚卸しをしましょう。作品をリストアップしたら、ポートフォリオへの掲載有無を判断し、テイストや配置など全体の構成を決めていきましょう。

作品を選ぶ際は「応募企業や応募職種へのアピールになるか」を考えて選びましょう。
例えば、「GUIデザイナーを目指すのであればGUIの作品を多めに」「制作会社であれば幅広いテイストの作品を選ぶ」など、応募先へのアピールに繋がるような工夫が大切です。

スケッチや採用されなかったデザインも載せた方がいいの?

完成品のデザインだけでなく、そのデザインに至るまでのプロセスやデザインの展開幅なども重要な採用のポイントとして重要視されますのでなるべく載せましょう!

もし実務作品での内容を掲載することが難しい場合は、個人制作のものでも〇。
なぜそのデザインのアウトプットが生まれたのか」の工程が伝わるような資料・文章を意識しましょう。

最後に

ポートフォリオは自分自身をアピールする重要なプレゼン資料です。ただ作品を並べただけになってしまわないよう、ポートフォリオを作る前や企業に提出する前に、改めてポイントをチェックしてみましょう!

▼プロダクトデザインに関連するお仕事を探したい方はこちら!
イマジカデジタルスケープではプロダクトデザインに関連する転職・求人情報を掲載しています。 少しでもご興味がある方は下記から自分にあったお仕事を探してみましょう。

▼転職を考えるクリエイターのための「ポートフォリオ制作のコツ」個別相談会も実施中!

プロダクト業界チーム
株式会社イマジカデジタルスケープ プロダクト業界チーム

プロダクト系デザイナーを中心に「モノづくり」現場の方々の生の声をヒアリングしてきた専門チーム。プロダクト業界に詳しいメンバーが中心に第一線で活躍する現役クリエーターの方々へのインタビューや業界関連記事をお届けします。

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP