よく検索されているキーワード

CADとは?CADオペレーターの仕事内容や将来性について

unity サイト画面

建築や家具、家電、自動車など、「日本のものづくり」には欠かせない存在である「CADオペレーター」。
しかし、その名称を知ってはいるものの、具体的にCADオペレーターとはどのような職種なのか、詳細をご存じない方も多いのではないでしょうか。
専門的な職種の1つではありますが、実は活躍の場は幅広く、スキルと経験を積んでいけば将来的にキャリアアップすることも可能な職業です。
そこで今回は、CADの概要のほか、CADオペレーターの仕事内容や魅力、将来性についてご紹介します。

CADについて

・CADとは?

CADとは

CADとは「Computer Aided Design(コンピューター支援設計)」の略称で、一般的には、パソコン上で機械部品や建築物などの設計・製図を行うためのシステムおよびソフトウェアを指します。

かつて建築物や部品などの設計をする際は、「ドラフター」と呼ばれる道具を使用して紙に手書きで図面を引いていましたが、CADの誕生によって効率良く、より複雑なものが設計可能となりました。

・2D CADと3D CAD

CADには「2D(2次元)CAD」と「3D(3次元) CAD」が存在します。
2D CADとは、平面の図面を引くためのソフトウェアで、従来の手書きによる製図をパソコンで作成していくものです。
2D CADでは基本的に、2次元の画面上で正面図・平面図・側面図で構成される「第三角法」という投影法を用いて作図していきます。

一方の3D CADは、仮想空間に3次元の立体を描くためのソフトウェアです。立体設計のため誰でも直感的に形状を把握できるほか、さまざまな角度からレビューしながら設計することができるため、内外部構造をより具体的にイメージしながら製作できます。

近年、設計業界では2Dから3D CADに移行されつつあります。しかし、3D CADソフトを使用するためにはハイスペックなパソコンが必要です。そのため、入力の容易さ、供覧性の高さなどの理由から、2D CADを採用している企業はまだまだ多いのが現状といえます。

CADオペレーターとは?

・主な仕事内容

CADオペレーターとは、CADの操作を専門的に行う職種のことを指します。
主な仕事内容は、設計士やデザイナーなどの指示に従い、CADソフトを駆使して図面を修正・調整・作製することがメイン業務となります。

・求められるスキルや能力

求められるスキル

CADオペレーターになるためには、CADの基本的な扱い方や、設計・製図の基礎知識が必要です。
ただし、設計やデザインなどの作業は設計士やデザイナーが担当するため、設計に関する専門的な知識が無くても問題ありません。

CADオペレーターに求められるのは、設計士やデザイナーの意図や要望をしっかりと把握し、具現化する技術力と理解力です。そのためには、コミュニケーションスキルや、細かい作業をするための集中力、正確さも必要となります。

CADオペレーターの魅力や将来性

・未経験からもチャレンジ可能

CADオペレーターは、実務経験が無い未経験の方でもチャレンジ可能な職種です。
ただし、CADの基礎知識やソフトウェアの基本的な操作スキルは必要となるため、CADの知識がまったく無いという場合は、独学またはスクールで、メジャーなCADソフトウェアの操作技術を習得した方が有利となります。

・活躍できる場が多く、需要も高い

CADオペレーターの活躍の場は幅広く、需要も高いということもこの職種の特徴です。
主な勤務先としては、建築・土木などの建設関連会社、自動車や飛行機などの輸送機器メーカー、家電メーカー、電子部品メーカー、家具や服飾メーカー、デザイン関連会社など、その業種は多岐にわたります。
多くの分野で活躍できるチャンスがあるため、自分の興味や関心のある業界を選びやすいということも魅力といえるでしょう。

・長期的なスキルアップが見込める

CADオペレーターは技術職であるため、経験年数に伴いスキルも確実に向上します。
スキルアップとともに、技術士や建築CAD検定試験、建築士の資格などを取得したり、デザイン領域の知識を身につけたりすることで、将来的には設計士や建築士、家具や製品のプロダクトデザイナーを目指すことも可能です。
CADオペレーターをゴールとせず、そこからさらにキャリアアップを目指したいという方には、CADオペレーターはも非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。

おわりに

今回は、CADの概要のほか、CADオペレーターの仕事内容や魅力、将来性についてご紹介しました。
もの作りづくりの現場で欠かせない存在であるCADオペレーター。その活躍の場は幅広く、働き方も多様なため、将来的に自分が目指す方向性に合わせてキャリアを形成していくことができます。また、専門知識や技術力を積み重ねながら、しっかりと目標を立てて取り組むことで、長期的にスキルアップが見込める職種といえるでしょう。
もの作りづくりに関わる仕事がしたい方、専門的なスキルを身につけて働きたいという方は、CADオペレーターを目指してみてはいかがでしょうか。

CADとは?CADオペレーターの仕事内容や将来性について

CADオペレーターのお仕事、増えています!
未経験の方も歓迎!個別相談も随時開催!

「CADオペレーターの転職・派遣・キャリアアップ」はこちら

あわせて読みたい

PAGETOP