よく検索されているキーワード

東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.5 上映会・表彰式レポート

東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.5 上映会・表彰式レポート

「東京国際プロジェクションマッピングアワード」は、毎年東京ビッグサイトを舞台に開催されている 学生・若手映像クリエイターの発掘を目的とした日本最大級のプロジェクションマッピングのコンテストです。予選を勝ち抜いたチームが約4ヶ月をかけてプロジェクションマッピング映像を制作、東京ビッグサイトの逆三角形をスクリーンに最終審査に臨みました。

チームで協力して作り上げたプロジェクションマッピング作品を披露し、クリエイティブ業界の第一線で活躍する審査員から評価を受けられることは、若手クリエイターにとってまたとない機会です。また、海外から参加するチームも含め、同年代の作品を数多く見られる貴重な機会でもあります。

第5回目となる今年は、新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、初となる完全無観客オンラインでの開催となりました。2020年11月14日(土)、東京ビッグサイトにて開催され、公式サイト内の特設ページ、YouTube、Twitter(Periscope)での配信により、合計214,724人の方に視聴されました。国内外から集結した10チームによる上映会、表彰式の様子をレポートします。

今年のテーマは「CONNECT with」

東京国際プロジェクションマッピングアワードvol.5のテーマは「CONNECT with」。新型コロナウイルス感染症の世界的流行により大きく世界が変化しつつある今、未来に向かって何と繋がっていきたいのかを問われたテーマです。顔を合わせての作業が難しい状況下において、主にリモート環境で制作された作品が集結するというニューノーマル時代の映像コンテストとなりました。

Createdbymodifying TokyoBigSight ©AIST(LicensedunderCCBY4.0)

Createdbymodifying"TokyoBigSight"©AIST(LicensedunderCCBY4.0)

Createdbymodifying TokyoBigSight ©AIST(LicensedunderCCBY4.0)

オンライン配信は「メイン」「ドローン」「バーチャル」の3種。こちらは「バーチャル」モードの様子
Createdbymodifying"TokyoBigSight"©AIST(LicensedunderCCBY4.0)

また、今回からは新しく「U-25部門」が創設され、25歳以下の若手クリエイターにも門戸を開きました。今回のファイナリストは、学生部門8チーム、U-25部門2チームの全10チームとなりました。

ノミネートチーム・上映タイトル 当日上映順

学生部門(8作品)

  • ・HASH「MEDIUM」/東京都立大学
  • ・FOREST「共存」/日本電子専門学校
  • ・34 White City「Narstalgia」/Royal College of Art(イギリスから参加)
  • ・Xenon「remote」/大阪芸術大学
  • ・TEAM KIOI「Shape Of Sounds〜音の可視化〜」/城西国際大学
  • ・ハズバンズ「共栄共存」/大妻女子大学
  • ・ひかえめに大和撫子「ハレ」/日本工学院八王子専門学校
  • ・MDlab.「恋文」/東京造形大学

U-25部門(2作品)

  • ・ATTO「Fræktal」(カナダから参加)
  • ・Harada:Lab「Mirror」

司会・リポーター・モデル・俳優業とマルチに活躍 ハリー杉山さん

昨年に引き続き、当日の司会進行は、司会・リポーター・モデル・俳優業とマルチに活躍するハリー杉山さんが務めました。審査員を務めたのは、以下の4名。シシヤマザキ氏はリモートでの参加となりました。

【審査員 順不同、敬称略】
川本康(『コマーシャル・フォト』統括編集長)
森内大輔(NHK/プロデューサー・デザイナー)
橋本大佑(演出家・アニメーション作家・視覚芸術アーティスト)
シシヤマザキ(アーティスト/HOTZIPANG所属)

審査員

上映会の模様

今回のアワードは、来場者、出演者、スタッフの健康と安全を考慮し、オンライン配信で開催されました。会場の東京ビッグサイト会議棟前広場で上映される様子を、無料でライブ配信。ドローン撮影による映像を含めた複数カメラでの視点切り替え型配信が行われました。また、観客参加型の評価システムも一新。各界のプロフェッショナルによる審査に加え、観客の投票も審査材料に含められました。

学生部門

東京都立大学のHASH「MEDIUM」

学生部門は全8チームが参加。トップバッターを務めたのは、東京都立大学のHASHによる「MEDIUM」。繋がるもの、プロジェクションマッピングらしいものを目指して作られた作品です。

審査員講評(川本氏)
三角形の壁面を活かし、蝶々が出てくる最初の部分にわくわくした。展開が次々と変わり、柔らかさや硬さと、表現が多彩で飽きない作品だった。

日本電子専門学校のFOREST「共存」

2番目は日本電子専門学校のFORESTによる「共存」。日常生活中の消費の裏に繋がっている生産を描きました。

審査員講評(森内氏)
生活、日用品がテーマと聞き、何が出てくるのかと思いながら拝見した。結果、予想をいい意味で裏切られた。人間の動きから感じられるユニークさを生活の中から見つける姿勢、想像力を感じ、舞台や映画を1本見たようなストーリー性を感じた。

続きはクリ博ナビPROでご覧いただけます

続きはクリ博ナビPRO

東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.5 上映会・表彰式レポート

続きを読む

クリ博ナビPROとは?

「クリ博ナビPRO」はイマジカデジタルスケープが運営する転職サイト。
ゲーム、映像、アニメ、マスコミ、Web・IT等の業界特化。
仕事選びから求人応募、企業とのやりとりまで自分のペースで転職活動が可能!
あなたの経歴やポートフォリオの登録で、求人企業の人事から直接スカウトが届く。
動画で企業の人事に自己PRできる機能も充実。

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP