よく検索されているキーワード

東京ビッグサイトをプロジェクションマッピングの聖地に

東京ビッグサイトをプロジェクションマッピングの聖地に

寒さも本格的になる頃、東京ビッグサイトを鮮やかに彩る映像をご覧になったことはありますか?
「東京国際プロジェクションマッピングアワード」は今年で4回目を迎え、いよいよ来月開催されます!

映像の祭典「東京国際プロジェクションマッピングアワード」

東京国際プロジェクションマッピングアワード(以下、PMアワード)は、2016年からスタートした大学生、専門学校生、高校生を対象としたプロジェクションマッピングのコンテスト。臨海副都心を代表するイベントとして、鉄道、商業施設、企業から、経済産業省、東京都、江東区まで協力いただく日本最大級の“映像の祭典”となっています。

東京ビッグサイトの 横 約94m×縦 約30mの建物をスクリーンとして、国内、海外の学生が制作した作品の上映、審査、表彰まで一日で実施。フィナーレには、花火とプロジェクションマッピングと連携した演出も楽しめます。

PMアワードは若手映像クリエイターの登竜門として設立され、将来のコンテンツ産業の中核となる人材の育成と、プロジェクションマッピングという空間映像技術の高度化と普及を目的としており、日本全国・海外問わず、若いクリエイターがエントリーしています。

<Vol.0~Vol.3までの開催で、海外含む全52チームが出場>
■2016年03月 PM Award Vol.0 関東7校9チーム
■2016年12月 PM Award Vol.1 全国15校16チーム 海外校(イギリス)
■2017年12月 PM Award Vol.2 全国10校11チーム 海外校(UAE)
■2018年11月 PM Award Vol.3 全国16校16チーム 海外校(カナダ)

過去受賞作品

毎回、素晴らしい作品が発表されますが、最優秀賞を受賞した作品をご紹介いたします!

【Vol.0】作品名:PLUS ONE /チーム名:SHIFT

▼作品紹介▼
コンセプトは「イマ+1=ミライ」。イマという瞬間に何かが足されてミライになる。どんなに小さな"1"でも、ミライで思いもよらない変化につながることがある。その"1"に着目したストーリー。

【Vol.1】作品名:Over Frame /チーム名:Over Frame

▼作品紹介▼
「枠を超える」をコンセプトに東京ビッグサイトに様々な魔法をかけました。 その力の源はプロジェクションマッピングへの楽しさや挑戦です。 生の作品はその場でしか見ることができないひと時の魔法です。 そんな儚い魔法でビックサイトの新しい顔を見せることができたら幸いです。

【Vol.2】作品名:BLACK /チーム名:サプライズ松本

▼作品紹介▼
私たちは光が物体に反射し目に映ることで像を見ている。すなわち物体としての認知は存在の掴めない光と影に依存している関係であり真偽の判断もそれらにゆだねられている。東京ビッグサイトに光を上書きすることで虚実を現実にした。

【Vol.3】作品名:魑魅魍魎(ちみもうりょう)/チーム名:mag(マグ)

▼作品紹介▼
“魑魅魍魎(ちみもうりょう)得体の知れない怪物、妖怪。また、それに類するもの。”

いかがでしたか?
当日は、他にもたくさんの作品が上映されるため、見ごたえたっぷりです!

PMアワードVol.3 上映会ダイジェスト

PMアワード Vol.4

今年は、11月16日(土)に開催!
国内外から予選を勝ち抜いた大学・専門学校の全13チームが、約4か月間で制作した作品の上映会です。

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.4

名称 : 東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.4
日時 : 2019年11月16日(土)16:30開場/17:00~19:00(上映会)/19:30~(表彰式)※入場無料
場所 : 東京ビッグサイト 会議棟前広場【 アクセスはこちら
主催 : 東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会
※東京ビッグサイトでは風が強く吹く場合があります。以下基準に達した場合、急遽上映を中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。(瞬間最大風速15m以上/状況に応じて中止の場合があります。瞬間最大風速20m以上/中止させていただきます。)

目の前で見る大きな映像は圧巻です!
来場者5,000人を超える観客から大きな歓声があがり、盛り上がること間違いなし。
ぜひ足を運んでみて下さい!!

To Creator編集部
To Creator編集部

Tips/ノウハウ、キャリアに関する情報/最前線で働く方へのインタビュー記事など、クリエイターの毎日に役立つコンテンツをお届けしていきます!
記事のご感想や読みたい記事のリクエストなどございましたら、こちらよりご連絡ください。
あわせてYouTubeチャンネルもご覧ください!

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP