よく検索されているキーワード

動画広告の配信ノウハウ ~イマジカデジタルスケープ式実践~

この記事は”3分”で読めます

動画広告の配信ノウハウ ~イマジカデジタルスケープ式実践~

facebookで、こちらの動画広告をご覧になった方はいらっしゃいますでしょうか?

多くの企業が実施しているSNSでの動画広告配信。
試してみたいと思いながらも、なかなか取り組むことが出来てなかったのですが、
先日、ようやく配信することが出来ました!

実は、イマジカデジタルスケープ全社で見ても動画広告は初となっており、知見もない中での取り組みとなりました。
そんなプロモーションが苦手な我々が、どうやって配信するにまで至ったのか、実際の手順をご紹介していきたいと思います。

 

目次

  1. 1– 動画広告の配信先選定
  2. 2– どこに発注すればいいのか?
  3. 3– どんなことを決めるのか?
  4. 4– 動画広告が完成するまでの手順
  5. 5– 完成した動画広告

 

◆動画広告の配信先選定

人材系の企業にお勤めの方や広告配信をしている担当者様なら言わずもながですが、人材会社は新規登録者を増やすためやブランディングのために広告出稿をしています。我々もバナー出稿などをはじめとしたマーケティング/プロモーション活動はしておりますが、まだまだ認知を上げていきたいと、今まで取り組んでいなかったことを試してみたいと思いました。

SNS広告にも、Facebook、Instagram、Twitter、LINEといろいろと種類はありますよね。
マーケティングに関する企業や担当者が出されている記事を参考に、SNS媒体毎の特性を比較したところ以下のような傾向があります。

● Facebook :20代~40代/ビジネスからプライベートまで/的確な広告の配信が可能
● Instagram :20代~30代の若年層/女性/視覚的な訴求を行いやすい商材と相性が良い
● Twitter :10代や20代の若年層/拡散力
● LINE :幅広い年代/高いアクティブ率

画像引用元:事例で解説!獲得件数を最大化するLINE Ads Platformの活用方法
 https://sns4biz.com/column/7450

このような特徴がある中で我々のビジネスと相性がいいのは、転職を考える層が多いFacebookとなりました。
Twitterの拡散力という点は魅力でしたが、ビジネス色よりもエンタメや日常生活もの、キャンペーンに強いため今回の趣旨に最適でないと判断しました。

◆どこに発注すればいいのか?

「動画広告」「制作」などと検索すると多くのサービスがヒットします。まずは市場感を知るためにいくつかの企業サイトで比較検討しましたが、相場価格にかなり差があり、SNS動画広告の事例公開も少なく、各社サービスの強みを比較するのも難しそうでした。

そこで我々が行き着いたのが、自社グループ内で進めてはどうか?ということ。
映像のイマジカなら何とか出来るんじゃないのか…?
まさに安直な考えだったのですが、2019年1月に「株式会社IMAGICA IRIS」というデジタル映像の制作からマーケティング・プロモーションを主とするグループ会社が立ち上がっていたのです。

IMAGICA IRIS

https://imagica-iris.co.jp/

IMAGICA Lab.の社員が中心となって立ち上げ、動画広告サービスの第一線で活躍していたメンバーも参画しているそうです。
実績の面ではこれからの企業ですが、やはり自社サービスやターゲットを理解してもらえている点で話がスムースで、何より「動画制作~配信・検証まで任せられる」のが一番の決め手となりました!

◆どんなことを決めるのか?

大きく分けてこの5つになります。

・広告の目的
・ターゲット
・イメージ
・金額
・納期と配信時期

配信期間とABテスト・ターゲット別のパターン制作によって、制作期間と全体の金額が変わってくるようで、松・竹・梅と3種類のプランの提示がありました。
残念ながら、今回は初の取り組みということもあり大きな予算がなく、お安く仕上げてもらうプランを選びました。配信シミュレーションも一緒に案内してくれるので、一度に決めてしまうことが出来ます。
このとき、自社で持っている素材を使用してもらうことで素材費も大幅カットが出来ました!限られた予算で制作したい方は、ぜひ自社内の素材をご用意くださいね。

◆動画広告が完成するまでの手順

完成までのフロー

依頼内容が固まったところで、広告制作に関する摺合せが始まります。
①IRISさんから動画構成案を提案頂き、社内チェック。
②テキストや色味、画像構成、尺など、ほぼ完成イメージに近づけるための修正依頼と相談をしていきます。
ここで調整しないと、制作後の手間が増えるため出来るだけ完成度高い方が良いですね。

この制作段階で、こちらが行う必要があったのは以下2点だけ。

<発注者のToDo>
・広告遷移先の指定
・Facebookのアカウント連携(配信設定のため)

アカウント連携に関しては、IRISさんから手順案内があったためスムーズに設定できます。
また、Facebook広告でのテキストも作成してもらえて、チェックをすればOKでした。
そして、最終確認が出来たらIRISさんの設定により、いよいよ配信が開始されます!

初回の打ち合わせから配信までに要した時間は、約1か月半くらい。
弊社の場合は、社内の意見摺合せに時間がかかってしまいましたが、社内確認や打合せ調整がスムースに進めば1か月で配信まで出来るのではないでしょうか。

◆完成した動画広告

こちらが出来上がった広告です。

最近はお手頃な動画作成ツールも増えてきているため、自作してもいいかも?と頭をよぎったこともありましたが、やはりプロに任せるのが一番ですね!
A/Bテスト・配信結果や分析まで繋げて、ノウハウ共有が出来ればと思います。

  

動画広告の制作にお悩みなら!

株式会社 IMAGICA IRIS



              

あわせて読みたいTIPS記事

   

▼動画広告に関連するお仕事を探したい方はこちら!

イマジカデジタルスケープでは動画広告に関連する転職・求人情報を掲載しています。
少しでもご興味がある方は下記から自分にあったお仕事を探してみましょう。

映像・放送に関する求人を見る

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP