よく検索されているキーワード

動画広告市場が拡大中!動画マーケティングの仕組みとは

動画マーケティングの仕組みとは

最近ではテレビの代わりに視聴されることも多いネット動画。動画の利点を生かした動画広告の市場が、近年急速に拡大していることをご存じでしょうか。
今回は、動画広告市場の拡大や動画マーケティングの仕組み、動画広告の種類についてご紹介します。

 

注目される動画広告市場

注目される動画広告市場

株式会社サイバーエージェントが発表した国内動画広告の市場調査によると、2017年の国内動画広告市場は、前年比163%の1,374億円に達する見込みです。特にスマートフォン向け動画広告需要は前年比190%の1,096億円となり、動画広告市場全体の8割を占めると予測されています。

同調査では、動画広告市場は今後も拡大を続け、2019年に2,000億円、2022年に3,000億円を突破し、2023年には2017年比で約2.5倍の3,485億円に達すると試算しています。

ユーザー同士の動画を介したコミュニケーションはもとより、企業とユーザーとの動画コミュニケーションも増えており、「動画を視聴する」ということが日常的な行為として定着しつつある結果ではないでしょうか。

 

動画広告のメリット

動画広告のメリット

動画広告は、文字だけのテキスト広告やイラスト・写真を交えたバナー広告と比較して、伝えられる情報量が多いことも注目されている要因といえるでしょう。ストーリーや構成、BGMを工夫することにより、自社の商品やサービスを視聴者に強く印象付けることができます。

動画広告とテレビCMは、いずれも動画という点は共通します。しかし、テレビの視聴者はくつろいだ状態で受動的に情報を受け取るのに対し、Webサイトのユーザーは常にディスプレイを見つめ、自分で必要な情報を取りに行くという違いがあります。そのため、動画広告は能動的に視聴してもらいやすいと考えられます。

また動画広告は、動画の視聴履歴をもとに配信され、再生回数や再生時間に応じて課金されることが多いため、経費を無駄にすることもないでしょう。

 

動画広告の種類

代表的な動画広告として、以下の3種類が挙げられます。

 

・インストリーム動画広告

テレビCMのように、YouTubeなどの動画プラットフォームの動画再生時に差し込まれる動画広告のことです。挿入されるタイミングにより、プレロール(動画再生前)・ミッドロール(動画再生途中)・ポストロール(動画再生後)と呼び方が異なります。インストリーム動画広告の中では、動画再生前に差し込まれるプレロール広告が主流です。

 

・インバナー動画広告

各種メディアのバナー広告枠に埋め込まれる動画広告のことです。基本的に音声はオフにされており、ユーザーが見慣れたバナー広告枠に埋め込まれるため、注目されにくいところが難点です。

 

・インフィード動画広告

FacebookのニュースフィードやTwitterのタイムラインなどのSNS上に、更新情報の一部のような形で差し込まれる動画広告のことです。ユーザーの目に触れやすいのですが、その分流し読みもされやすいため、ユーザーの目を引く工夫が必要となります。

 

今後の動画広告のトレンド

動画広告の中でも、インストリーム動画広告が現在の主流です。しかし、先ほど紹介した調査によると、インフィード動画広告がインストリーム動画広告に迫る勢いでシェアを伸ばし、2017年は市場全体の4割弱を占めるという結果になっています。
今後は、インストリーム動画広告とインフィード動画広告の2種類が動画広告の主流となっていく可能性が高いと考えられます。

 

動画マーケティングの仕組みとは?

動画を使ったマーケティングを動画マーケティングと呼びます。自社の製品の魅力を動画で紹介して新規顧客を獲得したり、製品のお役立ち情報を動画で提供して既存顧客のロイヤルティーを高めたりすることが可能です。動画マーケティングの一環として、動画共有サイトに動画広告を出稿する企業も少なくありません。

YouTubeでは、TrueViewインストリーム広告がよく利用されます。この広告は、広告がクリックされた、または一定時間視聴された場合などに広告料が発生するという仕組みです。視聴単価は入札によるオークションで決まります。
動画開始後5秒で視聴をスキップできる「スキッパブル動画広告」と、最後まで動画が再生される「ノンスキッパブル動画広告」がありますが、どちらも30秒以上視聴されなければ広告料が発生しない仕様です。

ノンスキッパブル動画広告は、ユーザーにしっかりと広告を見てもらえるというメリットはありますが、「広告を見たくない」「スキップしたい」というユーザーにとっては逆効果です。スキッパブル動画広告は、製品や企業のイメージを傷つける可能性は低いものの、頻繁にスキップされて動画広告を視聴してもらえないことも考えられます。

 

おわりに

今回は、動画広告市場の拡大や動画マーケティングの仕組み、動画広告の種類についてご紹介しました。
動画広告はYouTubeのみならず、TwitterやFacebookなど、さまざまなプラットフォームで利用可能です。動画の視聴が身近になっていく中で、動画マーケティングの活用シーンはますます広がっていくことが見込まれます。
今後も急成長していく動画広告は、自社のビジネスをアピールしていく方法として欠かせないものとなるでしょう。

 

tocreator,画像

PAGETOP