よく検索されているキーワード

キャリア社員インタビュー ~ ゲーム業界 ~

tocreator,画像

2018年の改正労働者派遣法施行により、有期雇用派遣労働者の方が同じ職場で就業できる期間は3年までとなり、以降、1つの環境下で長期にわたり就業することでキャリアとスキルを磨いていきたい方のニーズを充たすことが課題となっております。

イマジカデジタルスケープでは、クリエイターの皆様の安定した雇用を保証・長期にわたるキャリアアップのご提案・サポート制度をご提供するとともに、雇用企業にとっての人材不足改善や生産性向上に貢献できるよう、刻々変わるニーズに応じて安定したクリエイティビティのご提供が可能な仕組みとして、無期雇用派遣制度、キャリア社員制度を設けております。

現在キャリア社員として活躍している先輩のやりがいや働き方をご紹介していきます!

01ゲーム業界

---------現在はどのようなお仕事をされているのですか?

現在の就業先では、オンラインゲームの背景デザイナーを3年ほど務めたのち、アイテム関連の管理を任されるようになりました。協力会社へのデザイン発注や、デザインの修正及び実装作業等を行い、毎月20~30種類程リリースしています。

---------ゲームの開発はさまざまな会社や人々との折衝なども多くあるようですね。

海外を含めた協力会社とのやりとりなど、コミュニケーションが必要な部分は確かにありますね。技術職だった経験を生かして、うまく進行できるようにしていきたいですね。

---------どのような時にやりがいを感じますか?

「こうしたらよりよいゲームになる」と思って新しいアイテムのデザインをアレンジしたり、バランスを整えたりする提案が認められたときですね。また、最初はぎこちなかった協力会社様とのやりとりも、少しずつコミュニケーションがスムーズになってくるのも楽しいです。

---------イマジカデジルスケープのキャリア社員になったきっかけは?

声をかけてもらったというのが一番の理由です。SPIの試験等を通じてキャリア社員になったということもあるせいか、気の持ちようが変わりました。

--------イマジカデジルスケープのキャリア社員を目指す人へのメッセージをお願いします。

働くことにおいて、キャリア社員がどういう意味をもつかということを考えると、多くの企業や職場を見て触れる機会は必然的に多くなります。そこで得た見聞によって、目指すべき仕事のキャリアや、クリエーターとしての創作活動に対する取り組み方にも少なからず影響があると思います。特に若い時は、経済的、精神的な余裕もないまま、一つの職場に縛られてしまうことで、仕事や創作活動に対する柔軟性も失われる可能性があります。その点、キャリア社員の制度は、自分自身の行動に基づいて、仕事を選ぶことも可能ですし、今後の人生において、可能性という選択の幅を広げてくれる良い制度ではないかと思います。

無期転換・キャリア社員制度
について

登録者向けマイページにて
詳細をご案内しております。

ご登録はこちら: 会員登録(無料)

会員の方はこちら: ログインする

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP