よく検索されているキーワード

世界最大級のストックフォトサービス、iStock がおすすめする2021年の年賀状やWEBサイトに使いたいビジュアルまとめ

世界最大級のストックフォトサービス、iStock がおすすめする2021年の年賀状やWEBサイトに使いたいビジュアルまとめ

新年を迎えるにあたり、年賀状やWebサイトリニューアル など、クリエイティブに関わることが思いのほか多い年末。ストックフォトには、年末シーズンにかけて多くのクリエイティブ作品が出品されています。今回は、今年で25周年を迎える世界最大級のデジタルコンテンツカンパニーであるゲッティイメージズが展開するストックフォトサイト「iStock」から、新年に使えるクリエイティブコンテンツと検索のヒントをご紹介します!

iStock by Getty Imagesとは

iStockは、ストックフォトに関する豊富なリソースと専門知識を持つゲッティイメージズが運営するストックフォトサイト。世界中の27万5,000人以上の契約フォトグラファー、ビデオグラファー、イラストレーターが制作した、1億2,000万点以上のビジュアル(写真・イラスト・映像素材)をライセンス料を支払うことで誰でも利用できるサービスとして展開している。報道や広告、出版、販促物、パッケージなど、あらゆる用途で使用され、プロのフォトグラファーだけでなく、学生やほかの仕事を持つ、アマチュアフォトグラファーが自身のスマートフォンで撮影したビジュアルも販売されている。

年賀状デザインにオススメのイラスト、テンプレート画像

2021年(令和3年)の干支は丑(うし)!POPなものから和風のものまで、そのまま印刷ができる画像ももりだくさん。はがきサイズできれいに印刷するなら、解像度300~350 ppiくらいが最適なため、1181px × 1748px ~ 1378px × 2039px サイズの画像データがおすすめです。画像は1点からお手軽に購入可能。メールやSNSでの挨拶にも素敵なデザインを添えてみてはいかがでしょう。

<オススメ検索ワード>

年賀状/干支/2021年/ウシ/テンプレート

赤牛の形をした福島県の元旦の赤ベコイラスト。2021年新年のカード。

1227487069, perori 00 , Getty Images

年賀状テンプレート(2021年・丑)

2021年、牛の年、日本のヴィンテージパターンで飾られた新年のカードテンプレート。

1270874022, CallMeTak , Getty Images

年賀状テンプレート(2021年・赤べこ)

日本のネンガ2021牛テンプレートデザイナー

1271345776, emma , Getty Images

年賀状テンプレート(2021年・和風)

好みの画像やテンプレートでオリジナルカレンダーに挑戦

テレワークやオンライン中心の仕事になったという方は、今までとカレンダーの使い方も変わってきたのではないでしょうか。また、2020年は恒例の年末の挨拶まわりが減り、カレンダーをもらえなかったという方もいるかもしれません。そんな方は自分用のカレンダー作りに挑戦してみてはどうでしょう。オリジナルのカレンダーなら自分好みにカスタマイズし放題です!

▶ストックフォトでは季節感あふれる画像も簡単検索

季節の行事や休暇のストックフォトやロイヤリティフリーのイメージ

<オススメ検索ワード>

カレンダー/干支/2021 年/ウシ/テンプレート

Creatief concept van 2021 Happy New Year posters set

1226139172, Tanya Shulga , Getty Images

2021年 ベクター画像

壁のカレンダー。すべての月で2021年の年間プランナー。良い学校の主催者とスケジュール。

1250646524, Ruslana_Vasiukova , Getty Images

2021年年間カレンダー ベクター画像

【Webサイト制作にオススメ】文字入れにぴったり!

新年には年頭のあいさつのページを掲載したり、画像を変更したり、新たに記事を掲載したりするサイトも多いのではないでしょうか。テキストを入れるレイアウトの場合には、余白があるものが使いやすいです。2020年は巣ごもりとなった一年でしたが、2021年の干支にちなんだ丑の画像の中から青や緑の自然色を背景にしたものを選んで、新しい年の初めに開放感のある晴れやかな気持ちを届けてみませんか。

<オススメ検索ワード>

静かな情景/人物なし/余白/ 自然の景観/農村の風景

夕方に緑豊かな草が立つスコットランドの畑で放牧する乳牛1頭

1226731174, JohnFScott , Getty Images

青空とカメラ目線の牛

牛と牧草地の空撮

168262649, FrankvandenBergh , Getty Images

青空と放牧されている牛

【上級編】動画コンテンツでさらにハイクオリティなものを!

最近は、動画が流れるWebサイトやメールなどが、以前に比べるとかなり増えてきました。YouTubeなどの動画投稿サイトの人気や、動画編集用の無料ツールが広まったことにより、個人で動画コンテンツを作成する機会が増えた方も多いのではないでしょうか。そんな方は、動画素材を使って一工夫してみるのもおすすめ。WEBサイトに掲載するなら、動画の画質にもこだわりたいもの。「iStock」には静止画だけでなく4K画質およびHDの映像素材も豊富に揃っています。

<オススメ検索ワード>

ドローン撮影/4K解像度/動画/ 空撮/自然の景観

1208975591, OlehSlepchenko , Getty Images

カメラに近づく好奇心旺盛な牛

918031284, Schroptschop , Getty Images

夕暮れ時の農村と牛

【iStock】活用5つの検索のヒント

ストックフォトの莫大な素材の中から、イメージに合った素材を探すのは一苦労。ここからはiStockがおすすめする5つの検索のコツをご紹介します。今回の画像検索にお役立てください!

1.テーマやコンセプトを決めてから検索する

画像やビデオを検索する際は、直接的な言葉ではなく、テーマやコンセプトを決めて検索をすることをおすすめします。 例えば、「ビジネスミーティング」のイメージ画像を検索する際は、「ビジネスミーティング」という言葉を入力するよりも、「一体感」や「信頼」など、コンセプトやテーマを入力することで、よりイメージに合った検索結果を得ることができます。

2.コレクションの中から探す

検索ワードに行き詰まったら、人気の画像を見てみましょう。 iStockの公式サイトでは、専任のリサーチチームが毎月更新する「ライフスタイル」や「フード&ドリンク」など人気のカテゴリーや、イメージやコンセプトビジュアルをまとめたコレクションからも、素材を探すことができます 。

コレクションページ

日本で人気のキーワードをまとめたコレクションも常にアップデートしているので、時世に合わせたアイディアを膨らませてみてください。

3.推奨 キーワードから検索

莫大な数の検索結果の中からイメージを絞り込みたい時に役立つのが、推奨 キーワードです。例えば、「犬」と入力すると、100万件以上の検索結果が表示されます。より具体的な検索結果を得るために、iStockでは「幸福」や「公園」などの補足的なキーワードを提案しています。これらの追加キーワードを複数選択することで、検索を具体化できるため、より最適な検索結果を得ることができます。

4.絞込み機能を活用

より具体的な素材を探すには「絞込み機能」を活用しましょう。ビジュアルの色味や画像の大きさ、さらには、年齢、民族、被写体の人数などを絞り込むことができます。フィルターをかけることで、よりカスタマイズされた、ニーズに合ったビジュアルを簡単に見つけることができます。

5.類似イメージを比べてみよう

気に入ったビジュアルが見つかったら、「この写真を編集する」機能を使って、実際の使用イメージを確認してみましょう。様々なフィルターやテキストオプションを選択することができ、インスタグラムやツイッターに投稿する具体的なイメージをその場で作ることができます。画像を選択すると、画像の下に「類似イメージ」が表示されるので、更なるインスピレーションを得ることができます。

まとめ

ソーシャルディスタンスを保つ牛!?

1207568784,Laura Lezza,牛と牧草地の空撮

950280908, Umkehrer , Getty Images

牛と牧草地の空撮写真

記事のTOP画像にも使用した画像ですが、今の時代を表すこんな写真も多数出品されています。こちらは「牛/放牧」の検索ワード、「最新順」の並びで検索できます。
画像タイトルは「牛と牧草地の空撮」となっており、「ソーシャルディスタンス」では検索できない画像です。検索ワードを一ひねりするとこういった面白い画像がみつかるかもしれません。

今年は新型コロナウィルスの影響を受け、帰省や会食を控える方も多いのではないでしょうか。昨今年賀状を送ることが減ったという方も、2021年は心のこもった年賀状で新年の挨拶をしてみませんか。
プロではなくても、ストックフォトを使えばクオリティの高いコンテンツを作ることができます。いい素材が足りない!他のコンテンツと差をつけたい!という方はぜひ、ストックフォトを活用してみてください。

Web・ゲーム・映像・IT業界のお仕事をお探しならこちらをチェック!
自分にベストな方法で転職活動を進めていきましょう。

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP