よく検索されているキーワード

企業選びも激変!?コロナ禍における企業研究の進め方

企業選びも激変!?コロナ禍における企業研究の進め方

新型コロナウイルスの流行に翻弄された2020年。
依然としてコロナが収束する見通しは不透明であり、先行き不安や景気悪化は避けられない状況です。2020年度卒業予定となる大学生等の就職内定率も69.8%と5年ぶりに70%を下回り、リーマンショックに次ぐ下落率を見せるなど 、就職活動においても厳しい時代が訪れようとしています。

そこで今回はコロナ禍での就職活動の動向も踏まえながら、企業研究の進め方と企業選びについて解説していきます。

企業研究は何のため?

大手航空会社が2021年度入社の新卒採用を中止することが決定するなど、就活生には厳しい状況が続くコロナ禍。コロナによる景気悪化で企業の採用活動が厳しくなればなるほど、就活生にとって重要となるのが「企業研究」です。「企業研究」を攻略するために、まずは「企業研究」の目的と情報収集の方法を確認しましょう。

企業研究の目的

企業研究の目的

企業研究とは、「企業を理解するための情報収集と分析」をすることです。「企業研究」は「自己分析」と同様に就職活動を勝ち抜く上で欠かせない部分であり、企業と自分自身をマッチングさせる重要な要素の1つとなります。

一般的に企業研究は

  • 数多く存在する企業の中から、自分の価値観に合った企業を絞り込む
  • 企業のことを詳しく知ることで、志望動機や自己PRを具体化す
  • 志望する業界の動向や競合他社、販売先などを知ることで働くイメージを明確化する

といった目的で行われます。やみくもに企業の情報集めをして売り上げや設立年度を暗記することではありません。 厳しい就活戦線を生き抜くには、「なぜその企業でなくてはならないのか?」という点を掘り下げ、説得力のある志望動機と自己PRを作り上げていく必要があります。

受けようとする企業の情報収集や同業他社との比較をしながら、その企業でなければならない理由を明確にするとともに、「就職活動をする上で働く企業に何を求めているのか?」、「将来その企業に入って何を実現していきたいのか?」といった問いに自ら向き合い、自分自身の働く姿に重ねていく姿勢が企業研究には大切となります。

企業情報の集め方

就職活動において企業研究が重要なことは理解しているものの、実際のところ「企業に関する情報をどうやって集めたらよいかわからない」と感じている就活生も多いのではないでしょうか。

最近ではインターネット上から多くの情報を収集できるようになりましたが、その全てが正確な情報とは限らないのが現状です。誤った情報を鵜呑みにすると正しい企業研究ができないばかりか、選考を受ける企業に対し悪い印象を与えかねないため情報ソースの取り扱いには注意が必要です。企業研究をするにあたっては、できるだけ企業の公式サイトや信頼できるリソースから情報を取得するように心がけましょう。

企業情報や業界の動向を知るのに役立つ媒体

  • 企業の公式サイト
  • 新聞(一般紙だけでなく業界新聞もおすすめ)
  • 新聞社や報道局発信のニュース(ウェブ・ラジオ・テレビなど)
  • 四季報
  • 業界地図
  • IR(株主・投資家向け)情報
  • 各就活サイトの掲載情報

上記のような媒体のほか、志望する会社に勤めている社員に直接に話を聞くといった手法もあります。企業説明会やOBOG訪問などを利用し、実際に働いている人の生の声を聞くことで、企業サイトやニュースでは見えてこなかった会社の実情などを知ることができ、より働くイメージが明確になるでしょう。

続きはクリ博ナビ2024でご覧いただけます

クリ博ナビ2024

企業選びも激変⁉コロナ禍における企業研究の進め方

続きを読む

クリ博ナビとは?

クリ博ナビは、マスコミ・広告・ゲーム・映像・IT・WEB業界の就職サイト。
大学卒業年度に合わせたサイトで自分に合ったお仕事探しをサポートします。
インターンや企業検索、説明会等の情報も満載!

クリ博ナビ
クリ博ナビ

イマジカデジタルスケープが運営するゲーム 映像 マスコミ/IT/WEB 業界最大級の求人メディア「クリ博(クリハク)」。 就職活動やキャリアに関する情報をお届けします。インターンや企業検索、説明会等の情報も満載!

「編集部おすすめ」の記事

PAGETOP