2013年11月12日

無響室で創る響きの世界。evalaインタビュー

先月からスタートしました映像系の新しいコンテンツ(クリエイターインタビュー)の第2弾を公開しました。

第2回目は、サウンドアーティストに着目。
先鋭的な電子音楽作品の発表および上演、また公共空間、舞台、映画、広告メディアなどで立体音響システムや先端テクノロジーを用いた多彩なサウンドデザインを行うevala氏のインタビューコンテンツをお届けします。

当コンテンツは、1ヶ月に一度の更新で、今後シリーズ化していく予定です。
映像周辺に関わる新進気鋭のクリエイターやサウンドデザイナー、カメラマン等をとりあげ、作品感とクリエイター個人に焦点を当てたコンテンツを展開する予定です。

当コンテンツは、映像カルチャーのウェブマガジン「white-screen.jp」に、取材・記事のご協力をいただいています。

インタビュー記事は下記URLよりご覧ください。

◆第2回目 無響室で創る響きの世界。ICCオープン・スペース 2013
「大きな耳をもったキツネ」evalaインタビュー
https://www.dsp.co.jp/know-how/special/evala.html

トップへ戻る

マイページログイン

Web・ゲーム・映像業界専門の求人・転職・派遣ならイマジカデジタルスケープに登録する