SNSの巨大プラットフォームで先陣を切る。変化を楽しみ、チャンスを切り拓く仲間を求めます。 デザイナー羽根誠氏 グリー株式会社 社員インタビュー (2/4)

SNSの巨大プラットフォームで先陣を切る。 変化を楽しみ、チャンスを切り拓く仲間を求めます。

SNSの巨大プラットフォームで先陣を切る。
変化を楽しみ、チャンスを切り拓く仲間を求めます。

成功事例のないスマートフォン市場のダイナミックさ

「SNS業界でのトップランナーを走り続けたい。そのためにも、ソフトの充実は必要不可欠です。今特に求めているのは背景やキャラクターで高い水準の描画力をもつ方。ゲーム業界やアニメ業界の経験者で画力に自信のある方は、必ず活躍できる環境があります」。そう語る羽根さんに、同社だからこそ味わえるクリエイティブ職の醍醐味を訊ねた。

「なんと言っても、2500万人以上のユーザーが集まるフィールドでタイトルをリリース、運営していくダイナミックさではないでしょうか。自分の手がけたタイトルがどれだけのユーザーに利用され、売上があがり、SNS内で語られているのか。自社のタイトルだからこそ実感できます。特にスマートフォンという前例の少ない市場だからこそ、チャレンジする面白さがあるんですね。当社も今後、よりクオリティの高い制作のノウハウを溜めていくところなので、その原動力となっていただける他業界出身者に期待しています」。

常に変化を楽しむ。その文化が根付いているからこそ、仕事のスピード感や進め方にも同社らしさがあるようだ。
「3~4ヶ月に1度のタイミングでリリースするので、開発に長時間をかけるゲーム業界よりはスピードが速く感じられるかもしれません。でも、そのスピードの理由は、コンセンサスの早さにあるんですね。フラットな組織のなかで、コミュニケーションを頻繁にとりながら仕事を進めていきます」。

プロとしての意見と、ハイクオリティな描画力を求める

技術者とデザイン・イラストレーションなどのクリエイティブ職が対等な位置関係でプロジェクトを遂行するのも同社の特徴といえる。逆に言えば、エンジニア集団のなかで、クリエイターはその分野のプロとしての知見が求められる。 「ゲーム業界やアニメ業界と見劣りしないほど、深いクリエイティブができるはずです。エンジニアとやりとりしながら1つのゲームをつくっていくため、アイデアも提案しやすい環境です。仕事の範囲を自分の力で広げていくことができるし、そういった意欲的な方にとっては働きやすい職場です」(羽根さん)。

トップへ戻る

マイページログイン

Web・ゲーム・映像業界専門の求人・転職・派遣ならイマジカデジタルスケープに登録する