「新」映像匠塾:第1回 デジタル映像 今CMはこう作られる

「新」映像匠塾 第1回:デジタル映像 今CMはこう作られる 講師:本間研次 株式会社 Lab.751

昨年皆様に多くの反響を頂きました、イマジカデジタルスケープ 映像匠塾。
今年度は開催内容を変更し、年4回開催、トークイベント+パーティーといったスタイルで、映像業界気鋭のクリエーターより、濃縮、厳選したテーマからテクニカルトークを交えてお送り致します。

 

第一回目のテーマ:デジタル映像 今CMはこう作られる 作る、売る、そして人(高速化、メリット、デメリット、人材育成、海外営業)

開催内容

開催日程(予定) 2013年7月5日 (金)
開催場所 外苑前アイランドスタジオ
・URL:http://www.ai-land.co.jp/studio/
交通アクセス【Map】
開催スケジュール 18:30 会場
19:00 開演
20:00 Party
21:15 終了
講師 株式会社Lab.751
本間 研次(ホンマ ケンジ)
栩平 誠(トチヒラ マコト)
会費

2,000円(Party参加費込み)
※当日、会場にて徴収させて頂きます。
※領収証の必要な方は、宛名などお申し込みの際にお知らせください。

募集人数 50名
※お申込多数の場合は抽選とさせて頂きます
締め切り

6月27日(木)17:00

新しくなった「新」映像匠塾、本年度も皆様のご来場お待ちしております!

 

応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 


Lab.751紹介

lab751

2010 年12 月、主にクリエイティブサポート事業として株式会社Lab.751設立。
Autodesk Smoke 2012 For Mac OS X とFinal Cut Studio を導入し映像コミュニケーションを通じて、クリエイターのアイデアの幅を広げ、より繊密にディテールを追求したポストプロダクションワークを構築。
また映像クリエイターをはじめとする、様々な分野のクリエイターを集結し、総合的にプロデュースする
ことで多様化するメディアへ対応し、新しい映像表現の提案を国内外で展開しています。

業務内容

映像編集及びクリエイターマネジメント、TVCM、GRAPHIC、PV、VP 等の広告制作業務等

講師経歴紹介

本間 研次 本間 研次 Kenji Honma / Visual Effect Artist

1982年 東通ビデオセンターの映像編集部門にて数々のTV番組
(ドラマ・バラエティ)の主任エディターを務める。
1987年 ノンリニアHARRYにて デジタル映像技術に出会いCMに着手。
映像加工の総責任者として在籍。
数々の編集技術を多用した作品を発表・開発する。
1992年 フリーランス
Inferno、Flame、SmokeにてCMに着手
2002年 マネジメントオフィスSOUP所属(http://soup-web.jp/
2010年 株式会社 Lab.751設立に参加。
TOYOTA、HONDA などをはじめとする車から、資生堂/花王などBeauty系まで幅広いジャンルの作品を手掛ける。
緻密かつ効率の良い方法で行うフィニッシュワークは多くのクリエイターから信頼を得ている。
現在 現在は、中国をはじめとする諸外国でその技術を発揮している。
その他、若手クリエイターが参加する最新映像機材セミナーなどで講演に講師として活躍。
現役のクリエイターとして、又次世代への継承役として、多忙な毎日を過ごしている。 現在50歳

〈CM作品〉

CM作品

 

応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 


お問い合わせ

「新」映像匠塾事務局
担当:阿部・斗光(vsg-event@dsp.co.jp
TEL:03-5459-6217

トップへ戻る

マイページログイン

Web・ゲーム・映像業界専門の求人・転職・派遣ならイマジカデジタルスケープに登録する