SEOとは?初心者でもおさえておきたいSEOの基本!

SEOとはWebデザイン初心者が知っておきたい基本の基本

【SEO】とは、Webサイトをより多くの人に見てもらうために欠かせない対策の1つです。しかしWeb上にはいろいろな対策方法が紹介されており、「いったい何を優先して対策すべきなのかよく分からない!」という人は意外と多いのではないでしょうか?今回は、初心者向けにSEO対策の基本についてまとめてみました。

 

SEOとは、そもそも何なのか?

SEOとは、「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)」の略で、日本語で『検索エンジン最適化』という意味です。
せっかく素晴らしいデザインでユーザーのためになる情報が満載のWebサイトであっても、検索エンジンからの評価が得られず、アクセスが延びずに見向きもされないようではもったいないです。
そこで、GoogleやYahoo!などで検索した際にできるだけ上位表示させ、ユーザーの目に留まりやすくすることが大事になってきます。そのための対策がSEO対策!SEOとは、検索エンジンにできるだけ多くの情報をインデックスさせ、さらに上位表示させるための技術といえます。

SEOとはSearch Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略

 

SEOを考える上で欠かせない、検索エンジンの仕組みとは?

SEOとは何であるかを知るために、まず検索サイトの仕組みについて理解していきましょう。
Googleなどで使用されている検索エンジンでは、「クローラー」と呼ばれるプログラムを使って世界中のWebページをくまなく収集し、自動的にデータベース化しています。
クローラーが集めてきた膨大な量の情報は、検索エンジンでWebページの内容を解析し、検索結果にインデックスされます。そして、ユーザーが検索したいキーワードを入力すると、その目的に近い情報を検索結果として表示していくのです。

日本では、GoogleとYahoo!が2大検索サイトとして広く使われていますが、Yahoo!もGoogleの検索技術を利用しているため、検索結果はほぼ同様になります。ただし、Yahoo!では独自のコンテンツ(Yahoo!知恵袋やYahooショッピング、Yahoo!ニュース)などの要素もプラスして反映されるので、必ずしも検索結果が一致するわけではありません。しかし、検索順位を決める仕組みはGoogle!SEO対策はGoogleを意識した対策をすることが大事といえます。

SEOとは検索エンジンの仕組みを知ること

 

常に変わり続けるGoogleの検索エンジン!

Googleの検索エンジンの評価方法は、ブラックボックスです。しかし、Googleでは「10の事実」を公表しています、これからSEO対策に取り組もうとしているSEO初心者の皆さんは、この理念を知っておくことで“SEOとは何ぞや?”というのを知るのに良いヒントになるかもしれません。

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

出典:Google が掲げる 10 の事実

上記は10のうち1の事実です。他の9つの事実もSEOとは何か・・・を考える上でとても参考になります。

 

SEO対策のキーワード選びで大切なこととは?

SEOを考える上で大事なのは、検索エンジンに“どのようなテーマ”で、“どんな見出し”でインデックスしてもらうかを意識することです。
初心者が陥りやすいケースとして、検索ボリュームの少ない愛称や略称、造語、聞こえのよい単語をキーワードにしてWebページを構成してしまうことがあります。しかしこれはSEOの観点からすると少し考えものです。
例えば、「ヘアサロン」よりも「美容室」、「ナイトウェア」よりも「パジャマ」など、同じ意味合いの言葉であっても検索ボリュームが全然違います(ちなみにこのふたつは後者の検索ボリュームの方が多いです)。また、最近では、「TDL」と「東京ディズニーランド」が同様にみなされるなど、検索精度が向上しています。

このように、キーワードと一言でいっても意外と奥が深いもの。SEO対策を意識するなら、誰にどんな目的でどんな情報を届けたいのかを考慮し、それに見合うテーマやキーワードを選定することが大事です。
そこで、キーワード選びの参考となるツールがあります。Googleが提供している「キーワードプランナー」です。検索数の多いキーワードを調べたり、関連性の高いキーワードやそのトレンドを把握できたりする無料ツールです。こうしたツールを活用し、そのWebページに適したテーマ、キーワードでSEO対策することが大事といえます。

キーワード プランナーは、新しい検索ネットワーク キャンペーンを作成する場合や既存のキャンペーンを拡大する場合に役立つ AdWords の無料ツールです。キーワードや広告グループの候補の検索、過去の掲載結果データの確認が行えるほか、キーワードの成果を見積もったり、複数のキーワードを組み合わせて新しいキーワードを追加したりできます。さらに、キャンペーンの広告を掲載するのに必要な入札単価と予算を見極めることができます。

出典:Google Adwords: Keyword Planner

 

良質なWebサイトが評価される!コンテンツSEOとは?

Googleなどの検索エンジンは、「良質なコンテンツを高く評価する」というSEOの方針を、さらに強化させています。そのため、これまでSEO対策として有効とされていたことが、逆にペナルティ要素としてSEOの足を引っ張ることになってしまう可能性もあります。

最近では、SEOの対策の一環として「コンテンツSEO」が重要視されてきました。
「コンテンツSEO」とは、Webサイトのターゲットとなるユーザーに対し、興味・関心のありそうな情報をコンテンツとして継続発信していく仕組みです。ユーザーにとって良質で役立つコンテンツを充実させ、露出を増やしていくことでより多くのユーザーとの接点を作り、関係性を築いていきます。そういったユーザーがSNS等でコンテンツをシェアするなど、ナチュラルリンクが増加することで、検索エンジンによる評価が高まり、検索トラフィックが増えていくという流れです。

トラフィックが継続的に得られるコンテンツは、さらに継続してリンクを得られることになります。
そのために、先に述べたテーマ・キーワード選びは非常に重要といえるでしょう。

SEOとは検索エンジンで検索されるキーワードと良質なコンテンツが大事

 

まとめ

今回は“SEOとは?”という初心者向けのテーマで、SEOの基本についてまとめてみました。最近では、画像情報の分析も評価方法に取り入れる技術開発も進められているようですが、やはりSEOの基本は文字情報が大事な要素の1つになってきます。Googleがいうように、ユーザーの利便性を第一に考え、ユーザーに疑問を抱かせない有益なWebサイトを制作することがSEOの基本として重要といえるでしょう。


転職キャリアLab ブログ編集部

トップへ戻る

マイページログイン

Web・ゲーム・映像業界専門の求人・転職・派遣ならイマジカデジタルスケープに登録する