f4samurai様 オフィスツアー Vol.2

2018年10月5日



Vol.1に続き、f4samurai 松野洋希氏に「働き方」や「一緒に働きたい人」について伺いました。


オフィス移転にあたっては、メンバーの健康管理にも重点を置かれたとのことですが?

ええ、働く上で健康管理は非常に重要ですから。社内に「仮眠室」や「マッサージチェア」を設けて、いつでも自由に使えるようにしました。まだ移転したばかりなのですが、この2つはすでにかなり利用されていて、皆から好評のようです。

デスクは昇降式になっていて、座るだけでなく立って仕事をすることもできます。カフェスペースには「足湯」や「卓球台」も置いているのですが、ランチの後などに卓球をやっている人も見かけますね。 皆がリラックスして、話しやすい雰囲気を作ることにもこだわりました。社内にアロマを取り入れたり、BGMを流したりと、いろいろ工夫しています。

f4samurai オフィスツアー

メンバーの方々にはどのように働いてもらいたいとお考えですか?

コミュニケーションを取りつつ、一人で考える時間も大事にしてほしいと思っています。人と話し合っているだけではだめだし、かといって籠っているばかりでもだめです。一人で考えたものを、他の人と会ったときにぶつけてみる。その繰り返しによって、いいものが生まれるんじゃないかと。

一人で籠りたいときには、社内に集中ブースもありますし、窓際のカウンターに座って考えることもできます。一人になれる場所をあえて作っているので、使い分けながら働いてもらえればと思っています。

f4samurai オフィスツアー

f4samurai オフィスツアー

今、リモートワークも流行っていますが、あえてメンバーがオフィスに集まる意味があるとしたら、「わざわざ時間を決めて会わなくても会える」ということだと思うんですよね。皆が集まるからこそ出てくるアイデアを大事にしたくて、カフェスペースなり、コミュニケーションエリアなりを、意識して作ったつもりです。優秀なメンバーが揃っていますので、ひとりだけじゃなくて、複数人で話したりしながらいいものが生まれてくるといいなと。 今後は社内だけでなく、社外の方々とも交流を深めていきたいですね。外部の方を招いてのパーティなど、さまざまな交流の機会を増やしていこうと考えています。メンバーのための勉強会も、今までは社外で主催するセミナーに参加していましたが、これからは社内でも勉強会を主催していきたいです。

f4samurai オフィスツアー

カフェスペースには卓球台も お仕事終わりに賑わっているとのこと!!

f4samuraiさんではどのような方々が働いていらっしゃいますか?

20代から50代まで、さまざまな年齢層のメンバーが働いています。平均年齢は32~33歳です。ベテランの人は当社には無い知見を持っていますし、若い人には若い勢いを期待しています。それぞれ期待するところが違っているので、採用する際に年齢にはこだわっていません。要は、年齢相応の能力を期待しているということです。

職種としては、プランナー、デザイナー、イラストレーター、クライアントエンジニア、サーバーエンジニア、シナリオライター、総務スタッフといったところです。メンバーのほとんどは転職者で、ゲーム業界出身者が一番多いですね。デザイナーはゲーム会社以外ではアニメや動画を作っていた人もいます

シナリオライターの中には、前職で営業職だったメンバーもいます。趣味や副業でゲームのシナリオを書いていた人で、職種未経験からの転職でしたが、十分社内で通用しています。

f4samurai オフィスツアー

新しいメンバーを迎える環境も整いましたが、どのような人がf4samuraiさんにマッチしているとお考えですか?

“行動指針8か条”にもあるのですが、当社はこだわりが強いメンバーが多いです。ギリギリまでクオリティを上げるために妥協しないので、締め切りに遅れそうになって困ることもあるのですが、「とことんいいものを作りたい」というこだわりはとても重要ですね。

ただし、一人で黙々と働くというタイプではなくて、“明るいオタク”っていうんでしょうか(笑)。 「皆で一緒にいいものを作っていきたい」というメンバーが多いです。

f4samurai オフィスツアー

f4samurai オフィスツアー

それから、失敗を恐れずに挑戦する気持ちも大切です。何かアイデアを考えたときに、「これは実現できない」と諦めるのではなくて、「面白そうだからやってみましょうか」と果敢にチャレンジする人が、当社には向いていると思います。

実際にチャレンジして失敗することもありますが、それを誰も責めるようなことはしません。役員も現場チームの1メンバーとして働いているので、私だって失敗することもあります。チームはプロジェクトごとに分かれていて、取締役とか新人とかまったく関係なく、フラットに何でも話せる環境です。

「新しいゲームを考えたんですけれど、どうでしょうか?」みたいに、いつでも新しいアイデアや意見を提案してくれたらうれしいです。

f4samurai オフィスツアー

 


取材・編集:伊藤樹里|撮影:浦田進


 

f4samurai オフィスツアー


 


トップへ戻る

マイページログイン

Web・ゲーム・映像業界専門の求人・転職・派遣ならイマジカデジタルスケープに登録する