Webオペレーター とは?

1、Webオペレーターってどんな人?

サイト更新作業の担当者。WEBページ制作に必要な画像加工ソフトやオーサリングソフトの知識はもちろん、指示内容を的確に理解し、確認・判断を仰ぎながら正確に遂行できる能力も必要な仕事です。指示内容や作業途中での確認・判断を仰ぐ際などには、高いコミュニケーション能力も発揮する、幅広い実力の持ち主です。

2、Webオペレーターの主な業務フローは?

①作業指示内容の確認

ディレクターなどから指示された作業内容と納期を確認。作業手順や確認が必要なポイントは忘れずチェック!

②テンプレートへの流し込み作業

コピーペーストの作業とは言え、OSやブラウザによって表示が異なる機種依存文字や禁則処理などには細心の注意を払います。

③画像加工・修正、パーツ作成

フォーマットや配色、使用書体など、ルールに従った作業で既存のページとばらつきが出ないような配慮がポイント。

④キャンペーンページ・特集ページ等の作成

経験を積むと、担当範囲も徐々に広がります。デザインガイドラインに沿って簡単なページを一から作成したり、現場によっては企画から参加したりすることも。

⑤確認・修正作業

テスト環境にUPして見ると、細かいミスが見つかることも。ファイルの保存場所の誤りなどがないか、最終確認します。

⑥企画書作成補助、アクセスログ集計作業

PowerPointやExcelを使った様々な作業。将来ディレクターを目指す人には、制作現場を幅広く理解する機会にもなります。

3、Webオペレーターの基本職務と必要なスキルは?

運用

サイト更新
運用計画に策定された作業方法とスケジュールに沿ってサイトの更新を行う。
■チェックポイント!
与えられた素材の加工やパーツ作成、テンプレートで決められたレイアウトに沿って、アイコンやテキストの配置を考え、テキストの流し込み作業を行い、一つのページを仕上げていきます。作業を指示された際、どの程度の時間で作業を行うことができるかの目安を立てられるようになることで、一人前のレベルに到達したと言えるでしょう。
ページ・コンテンツ追加作業
運用計画に策定された作業方法とスケジュールに沿ってサイトの更新を行う。
■チェックポイント!
他の人が作成したページをHTMLソースを読んで理解し、体裁やブラウザごとでの表示が同じになるよう修正を加えられること、さらに、リンクの変更など影響が及ぶ範囲を想定し、適切な修正を加えることができるようになることことを目指しましょう。

4、Webオペレーターの評価ポイントとなるスキルは?

検証運用

運用計画策定
サイト運営に関わる予算やスケジュール、承認フローなどの運用計画を策定する。
■チェックポイント!
更新の際に発生する作業ごとに作業時間の目安を立てられるようになったら、それら作業時間と更新日から逆算してどれだけ前もって作業に着手したら良いか、自分の担当業務に関してスケジュールを立て、さらに複数の作業を並行して行わなければならない際の優先順位付けと、作業の配分まで考えられるようになると、レベルの高いオペレーターと言えるでしょう。
サイト評価・効果検証(一部のみ)
アクセスログや購買履歴の分析を行い、サイトの目的に対する効果を検証し、必要な改善策を立案する。
■チェックポイント!
Webオペレーターが更新作業のかたわら、手順に従ってアクセスログの分析やレポート作成作業を行っている現場も見られます。集計作業でExcel、レポート作成作業にはPowerpointなどのOffice系ソフトを使うことも多いので、Office系ソフトでの実務経験は現場で重宝されるスキルの一つです。

トップへ戻る

マイページログイン

Web・ゲーム・映像業界専門の求人・転職・派遣ならイマジカデジタルスケープに登録する