Flashディベロッパー

DesignTeq

どんな人?

Flash上で検索やショッピング、特殊な診断やゲームなど、エンドユーザーとの双方向でのやりとりを可能にするプログラムの開発担当者。プログラムに関する知識とデザイン能力の両方が求められる仕事。

例えばこんな人!

  • Flashでの見せ方や使い勝手のよさの設計や動きの制御からデータベースとの連携まで一人でできる、Flashのスーパーマン。
  • 複雑で難しい作業もすいすいこなす、スピードと正確さが売り。

1.仕事の流れ(例)

[1]ディレクター、エンジニアとのシステム仕様の検討

Flashでの開発部分に関する仕様を決める重要な打合せ。
クライアントの要望を漏れなく確認し、仕様に反映。

[2]見せ方、演出のプランニング

画面の構成やページの動きなど効果的な演出方法を検討。
要件を満たすだけでなく、遊び心を持った演出プランを生み出せるかが腕の見せ所。

[3]Flashデザイン

案件の規模や納期によっては、デザインをすることも。
サイト全体のアートディレクションに沿った制作を心がげて。

[4]Flashプログラミング

仕様に沿って、ひたすらプログラムの記述。
プログラムの拡張性や処理の分散化への考慮も重要。

[5]動作テスト、デバッグ

データの受け渡し、処理の引継ぎの部分などは要注意。
ActionScript特有の不具合についてどれだけたくさんの知識と経験を持っているかで対応にも差が出るところ。

[6]システム運用、メンテナンス

ブラウザやプラグインのバージョンアップの際、プログラムの修正が必要になることも。最新の技術には常に敏感に。

2.よく使うツール

  • Flash

3.基本職務・必要なスキル

設計実装

インタラクションデザイン
サイトの目的やターゲットユーザーに合わせた表現及び機能の両方をデザインする。
<check>
サイトの目的やエンドユーザーのインターネットへの習熟度に応じ、Flashの特性を活かした見た目やインタフェースデザインを設計するとともに、機能的にもすぐれた使いやすいサイトにするため、ユーザーの心理や情報構造設計などにも考慮したデザイン力が求められる。
Flashプログラミング
仕様に基づいたプログラム、あるいはデータベース処理を行うプログラムを記述する。また、プログラムとページデザインを統合する。
<check>
「複数のMovieclipの動きを制御するプログラムを書くことができる」-「XMLを用いたデータベースとのやりとりをするプログラムを書くことができる」という順に、プログラミングはより難しくなり、より高いスキルを求められる。
システム連携設計
システムやデータベースとデータのやり取りを行う際、Flashプログラム側での作業に必要な仕様を設計する。
<check>
Flashプログラムからデータを受け渡しする際、ファイルのディレクトリ構造やデータの受け渡しの仕方についてディレクターまたはエンジニアと共有し、仕様設計を行っておくことが望ましい。自身でデータベースの設計まで行うことは少ないが、ディレクトリ構造を確認してXMLに受け渡しをするプログラムが書けるスキルが上級Flashディベロッパーには求められる。

4.プラス職務・評価されるスキル

運用

ページデザイン
アートディレクション・デザインルールに従って、ページをデザインし、サイト全体のトーン&マナーとの統一を図る。
<check>
Flashでの演出、デザイン面での優秀さも重視される。動きのあるページだけにHTMLページ以上に見やすさや画面遷移、使い勝手の良さについて考慮する必要があり、情報デザインに関する知識も身につけておくことが望ましい。
画面仕様設計
画面遷移、画面構成及びナビゲーションを設計して詳細な画面仕様書を作成する。
<check>
Flashプログラムの特徴として、定められた画角に必要な情報を全て盛り込む必要があり、より精緻な画面仕様設計が求められる。Flash特有の動きについても、機能を駆使するあまり、ユーザーにとって使い勝手が悪くなってしまうようなことがないよう、十分な考慮が必要となる。
テスト&本番環境移行
表示や動作の検証を行い、不具合を修正するテストを実施する。テスト完了後、本番環境へ移行して最終チェックを行い、問題がなければサイトを公開する
<check>
エンドユーザーの使用しているプラグインのバージョンによる表示や動作の違い、プラグインを入れていない場合のナビゲーション等、想定しうる全てのケースについて漏れなく検証し、適切な対処ができるよう、常に最新の知識を得ておくことが重要。

トップへ戻る

マイページログイン

デジタルスケープに登録する