Webデザイナー

Design

どんな人?

WEBサイトの「顔」と言えるページデザインの責任者。クライアントのニーズを形にするデザイン能力はもちろん、エンドユーザーにとって使いやすいページにするための情報デザイン能力も必要とされる。

例えばこんな人!

  • デザインのことならお任せ、頼れるクリエイター。
  • デザインへのこだわりには職人気質が垣間見えることも。
  • クリエイティブの質とスピード、双方のバランス感覚が優れた人。

1.仕事の流れ(例)

[1]クライアントとの打ち合わせに参加

クリエイティブについてのニーズが曖昧であることも多い。
打ち合わせではニーズをとにかく具体的に細かくヒアリング。

[2]デザイン案を作成し、提案

クライアントのニーズを具体的なデザイン案に起こし、
提案書にまとめてプレゼンへ!

[3]配色・トーン計画、デザインテンプレート作成配色やレイアウトを検討し、デザインテンプレートを作成。

ユーザビリティやアクセシビリティの考慮も必須。

[4]ページデザイン、HTMLコーディング

トップページデザインの他に下層のデザインテンプレートデザイン作業も含まれる。
仕上がりの質へのこだわりとスピード、両方が大切。

[5]外注管理

短納期案件や大量の制作案件の場合、外注は必須。
細かい指示とこまめなチェックで一定のクオリティを維持。

[6]デバッグ、修正

制作済みの多くのページに及ぶ修正依頼やシステム上の制約による修正作業などが発生することも。納期との兼ね合いを考えつつ最善・最速の方法で対応、解決。

2.よく使うツール

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Flash

※その他画像処理系のツールも必要に応じて使用することも多い。

3.基本職務・必要なスキル

設計実装

クリエイティブディレクション
クライアントと打ち合わせながらクリエイティブのコンセプトを組み立て、デザイナーに指示して制作したクリエイティブプランを提案する。
<check>
クライアントの曖昧なニーズをできるだけ正確に形にするために、ニーズを取り入れた様々なテイストの複数のデザイン案を起こし、なぜこのデザインになるのかをクライアントにわかる言葉で説明し、納得させることができるスキルが必要となる。さらに、それらを指示書にまとめデザイナーに指示できるスキルも同時に求められる。
ページデザイン
アートディレクション・デザインルールに従って、ページをデザイン、サイト全体のトーン&マナーを設定する。
<check>
Flashコンテンツについても、その特性を活かした表現をデザインすることで、デザイナーとしての表現の幅は大きく広がる。また、動的に生成されるページやコーポレートカラーなどの制約を踏まえた上で、ユーザーのニーズを最大限に表現するデザインを制作できるスキルが求められる。
HTMLコーディング
オーサリングソフトまたはエディタを使用して、HTMLページをコーディングする。また、CSSや表示に関わるJavaScriptを記述する。
<check>
制作チームの規模によってはデザインとコーディングが分業されていないこともあり、デザイナーがコーディングまでを行うケースもある。また、コーディングしやすいデザインを考えられることもデザイナーの必須条件となりつつあり、HTMLコーディングや簡単なCSS、Javascriptの記述ができるスキルも求められる。

4.プラス職務・評価されるスキル

設計

画面仕様設計
画面遷移、画面構成及びナビゲーション、ディレクトリ構造を設計して詳細な画面仕様書を作成する。
<check>
クライアントからのニーズやページ内要素を記載した画面仕様書をもとにページをデザインする。見映えの良さだけを重視するのではなく、サイトの目的やターゲットユーザーに応じたゾーニングや配色・トーン、ユーザーの導線を考慮したナビゲーションなど、使い勝手の良さを重視したページデザインができてこそプロのデザイナーと言える。
各種構成ルール設計
一定以上の品質の制作を行うためのデザイン・ナビゲーション・コーディングなどの各種構成ルールを設計する。
<check>
デザインルールやガイドラインは新規立ち上げやリニューアル等のタイミングで策定されるケースが多い。日々の運用更新や制作作業を通じてルール化が必要と思われるものがあれば追加し、リニューアルなど大量の作業が発生する際、外注先への指示をより的確にできるよう備えておくと良い。

トップへ戻る

マイページログイン

Web・ゲーム・映像業界専門の求人・転職・派遣ならイマジカデジタルスケープに登録する