テクニカルディレクター

1、テクニカルディレクターってどんな人?

システム系の案件を得意とするディレクター。エンジニアやプログラマとクライアントの橋渡し役とも言え、難解なシステム関連の用語をクライアントに分かりやすく伝えるコミュニケーション力が勝負となります。「歩く辞典的存在」であるとも言えるでしょう。

2、テクニカルディレクターの主な業務フローは?

①クライアントのオリエンに参加

ディレクターは、営業的な役割を兼ねることも多くなります。まずはオリエンに参加して要件をヒアリング。

②SE、プログラマへの技術面からの指示出し

開発上での環境面、技術面などの制約を踏まえて仕様書を作成し、SE、プログラマに開発指示を行います。

③プロジェクトメンバーアサイン

社内外のブレインや制作スタッフを招集。日頃から自分のネットワークを広げることが重要です。

④スケジュール調整、交渉

プロジェクト終了までずっとついて回る仕事。(クライアントと制作スタッフの間で板挟みになることも…)

⑤テスト、検証

プログラムの品質管理の上で欠かせない大切な仕事。自分でテスト仕様書を書き、メンバーに指示して漏れのないチェックを行うことができて、一人前と言えるでしょう。

⑥トラブルシューティング

問題が起きても、慌てず動じず、冷静に判断して解決!

3、テクニカルディレクターの基本職務と必要なスキルは?

設計実装

詳細スケジュール策定
決定した企画に基づいて、具体的なタスクや工数を洗い出し、詳細スケジュールを策定する。
■チェックポイント!
システム開発が絡む案件は長期間の開発となる案件も多く、また、開発途中での仕様の変更や修正によるスケジュールの遅れが出やすいため、個々のタスクをできるだけ細かく把握しておくことはもちろん、フェーズ分けしたそれぞれの開発フェーズで、どこまでバッファを組み込むことができるかが重要です。
画面仕様設計
画面遷移、画面構成及びナビゲーション、ディレクトリ構造を設計して詳細な画面仕様書を作成する。
■チェックポイント!
ここで確定した画面仕様をもとに制作チーム、プログラマは実作業を行うため、ここで制作後での修正の少ない画面仕様を固め、クライアントからも「大幅な仕様の修正はしない」了承を取り付けられるかがこの後の作業を左右します。
制作管理
プロジェクト全体に目を配り、制作や開発が円滑に進捗するよう作業プロセス・品質の管理や調整、トラブル対応などを行う。
■チェックポイント!
システム開発系の案件の場合、余裕を持ったスケジュールを組んでいても開発スケジュールがずれ込み、プログラム開発の段階で新たな外注先に発注せざるを得ないケースも多いです。いざという時に頼れる外注先がどれだけあるか、複数の外注先に依頼した際に一定の質を保てるかが、テクニカルディレクターとしての腕の見せ所です。

4、テクニカルディレクターの評価ポイントとなるスキルは?

設計

各種構成ルール策定
一定以上の品質の制作を行うためのデザイン・ナビゲーション・コーディングなどの各種構成ルールを設計する。
■チェックポイント!
システム面での負荷とデザイン側の制約条件を考慮し、開発側とデザイン側の調整をしながらルールを策定できるテクニカルディレクターは、現場での評価は高くなります。
システム仕様設計
企画及び要件定義に基づいてシステム仕様を設計し、環境構築のための作業を遂行する。
■チェックポイント!
開発環境、言語をどのように選定するかで、開発のしやすさ、外注先の確保のしやすさ、開発費用についても大きく異なってきます。予算とシステムの堅牢製の両面から適切な開発環境を判断することができる経験とスキルが求められます。
クライアント環境設計
仕様に基づいて、動作を保証するブラウザや使用可能なプラグインなど、表示・動作環境と使用する技術を設定する。
■チェックポイント!
システム関連のサイトの場合、OSとブラウザに加えて開発したシステム上での動作検証も必要となるため、動作を保証するブラウザやプラグインについてはより慎重な考慮が必要となります。

トップへ戻る

マイページログイン

Web・ゲーム・映像業界専門の求人・転職・派遣ならイマジカデジタルスケープに登録する