Webプロデューサー

1、Webプロデューサーってどんな人?

ネットビジネスの仕掛け人であり、プロジェクト全体の統括責任者。ビジネス視点はもちろん、クライアントとの交渉力・企画力・制作コスト判断力など、幅広い知識と経験がモノを言う仕事です。下記に当てはまる人は、Webプロデューサーの素質ありと言えるでしょう。

  • □ 全体を俯瞰してマネジメントすることができる。
  • □ 思考はロジカルで戦略的だが、人情も大切にしている。
  • □ とにかくお金の交渉に自信あり!
  • □ 何があっても最後まで逃げないタフさを持っている。

2、Webプロデューサーの主な業務フローは?

①クライアントのオリエンに参加

プロデューサーは営業的な役割を兼ねることも多いです。まずはオリエンに参加して要件をヒアリングします。

②企画提案書を書いてプレゼン

クライアントの要件と予算などの条件に沿って企画立案、提案書にまとめてプレゼンへ!

③プロジェクトメンバーアサイン

社内外のブレインや制作スタッフを招集します。日頃から自分のネットワークを広げることが重要です。

④お金とスケジュール調整、交渉

プロジェクト終了までずっとついて回る仕事です。(クライアントと制作スタッフの間で板挟みになることも…)

⑤トラブルシューティング

プロジェクトの最終責任者であるプロデューサー。問題が起きても、慌てず動じず、冷静に判断して解決!

⑥関係構築、その他の提案

クライアントやスタッフとの良好な関係構築は必須。
プロモーション提案や携帯コンテンツ企画、効果検証等、次につながる提案をするのもプロデューサーの役目です。

3、Webプロデューサーの基本職務と必要なスキルは?

調査企画

要件ヒアリング
ビジネス要件からWEBサイトの目的・問題点など、相手の課題や意図をうまく引き出し、適切な方向性を定めるための情報をとる。
■チェックポイント!
サイトのコンテンツ内容まで決まっているような「制作依頼」のヒアリングよりも、クライアントからビジネスソリューションに関する要件を引き出すヒアリングの方が難易度が高いです。
サイト企画提案
各種要件に対応してサイト企画を立案し、企画書を作成、プレゼンテーションなどの提案を行う。
■チェックポイント!
「自分で企画を考えて企画提案書にまとめる」ことができるかできないかで「営業」と大きく異なってきます。
全体スケジュール&概算見積り作成
公開予定日・体制・作業量を調整しながら作業計画を立案し、立上げ、プロモーション、運営に関わる作業量と必要経費から、コストと予算配分を見積りを立てて、企画・概要設計内容を確定。
■チェックポイント!
クライアントの要件と企画内容などを見ながら、実現性の高い見積りとスケジュールを立てられるかがまずは重要。そのためには、「相場観」をしっかり把握する必要があります。腕のよいプロデューサーになると、ここへ「駆引きの巧さ」が加わります。

4、Webプロデューサーの評価ポイントとなるスキルは?

調査企画検証

マーケティング&プロモーション
オンラインマーケティングやサイトのプロモーションを企画・立案し、クライアントに提案する。
■チェックポイント!
WEBだけでなく、CMや紙媒体など、複数の手法を組み合わせて提案できると評価が高くなります。プロモーションサイト構築はもちろん、大規模案件やビジネスソリューション系の案件などで重要になってくる要素です。
システム概要定義
サイトを通じたビジネスプランを実現するシステム機能を提案し、適切な仕様をエンジニアと設計する。
■チェックポイント!
ビジネス、クリエイティブ、システムの三つをきちんと理解しているのがプロデューサー。特に大規模案件になると、システム絡みの提案も多いので、エンジニアとうまく連携できることが重要となります。
サイト評価・効果検証
アクセスログや購買履歴の分析などを行い、サイトの目的に対する効果を検証し、必要な改善策を立案する。
■チェックポイント!
ヒューリスティック評価やユーザー調査はもちろん、ログ解析からユーザーのアクセス状況を把握することができると更に幅が広がります。いずれの分析・検証方法についても、客観的な判断力と的確な課題抽出力が必須です。

トップへ戻る

マイページログイン

Web・ゲーム・映像業界専門の求人・転職・派遣ならイマジカデジタルスケープに登録する