テクニカルアーティストとは

テクニカルアーティストとは

テクニカルアーティストは、主にゲーム・CG業界でデザイナーとエンジニアなどの橋渡しを行うのが仕事です。比較的新しい職業のため、手がける業務範囲は企業によって異なります。

 

テクニカルアーティストの仕事内容とは

テクニカルアーティストの代表的な仕事内容には以下があります。

  • 業務の効率化ツールを開発・導入
  • デザイナーとエンジニアの通訳的役割
  • データの負荷対策
  • デザイナー向けのツール制作
 

業務の効率化ツールを開発・導入

デザイナーとエンジニア、両者の技術を理解し、業務が効率よく進むようツールの検証、独自のツールの開発・導入などを行います。また、新人社員やプロジェクトの途中で加入したメンバーがすぐに業務に取りかかれるよう、ツールの手順書を作成する場合もあります。

 

デザイナーとエンジニアの通訳的役割

デザイナーとエンジニアが同じ認識をもっていても、専門用語が異なるものがあり、両者の会話に認識齟齬が発生する場合があります。プロジェクトに大きく影響を与える可能性もあるため、テクニカルアーティストは両者の違いを理解し、お互いの意思を正確かつ簡潔に伝えていきます。

 

データの負荷対策

プロジェクトが進行するにつれて制作物のデータ量も増えていきます。コンテンツのクオリティを保つため、ハードウェアの負荷対処を行い、デザイナーおよびエンジニアに連携していくこともテクニカルアーティストの仕事のひとつです。

 

デザイナー向けのツール制作

プログラマーがゲームそのもののプログラムを作ることに対して、テクニカルアーティストはデザイナー向けのツール(プログラムやスクリプト)を作り、デザイナーが日々の業務で困っていることや効率化をはかります。

 

テクニカルアーティストに必要なスキル・経験

テクニカルアーティストには、デザインスキルとプログラミングスキル、それぞれの専門知識と経験が必要となります。次のようなスキルや経験、知識が求められます。

  • PhotoshopやIllustrator、Maya、UnityなどDCCツールのスキル

  • JavaScript、Python、MEL、C++、C#などを用いたプログラミングスキル

  • CG/VFX制作ソフトのスキル

  • ツール導入の際のサポート経験

  • ディレクターとしての経験

  • 高いコミュニケーションスキル

  • 制作の進捗管理経験

  • プログラムによる検証経験

 

テクニカルアーティストに向いている人

下記に当てはまる人なら、テクニカルアーティストに向いているといえます。

  • CG制作、デザインスキル、もしくはプログラミングスキルがある

  • 向上心・向学心があり、新しいスキルを身につける努力を惜しまない

  • チームを円滑にまとめるコミュニケーション力

  • 業務効率化について提案、改善に向けた進行が出来ること

 

テクニカルアーティストのキャリアパス

専門学校やセミナーなどでテクニカルアーティストに必要なPhotoshopやillustratorなどDCCツールのスキル、JavaScript、Pythonなどを用いたプログラミングスキルを身につけ、ゲーム制作会社に採用されるのが一般的です。
テクニカルアーティストとして経験を積んだ後のキャリアパスには次のようなものがあります。

  • ゲームディレクター

  • ゲームプロデューサー

  • 海外のゲーム企業でテクニカルアーティストとして活躍する

 

まとめ

テクニカルアーティストは、デザインとプログラミング両方の知識と経験が求められる難易度の高い仕事であり、さまざまなキャリアを経てから転身する人が多く見受けられます。そのため、同じテクニカルアーティストでも過去の経験によってディレクターに近い制作管理に長けた人もいれば、ツール開発を得意とする人もいます。

とはいえ、まだ新しい仕事であるためニーズは高く、日本での求人は増えつつありますし、海外でもテクニカルアーティストの人員は不足しています。スキルを身につけることができれば海外で活躍するキャリアパスもあり、世界で自分の力を試したい人におすすめの仕事であるといえるでしょう。