スクリプターとは

スクリプターとは

ゲーム業界におけるスクリプターは、スクリプト言語を使ってキャラクターに動きをつけたり映像を切り替えたり、ゲームの動作設定を行う仕事です。

 

スクリプターの仕事内容とは

スクリプターの代表的な仕事内容には以下があります。

  • メイン・イベントストーリーの設定
  • キャラクターの特徴決め
  • キャラクターのエフェクト設定
  • レベルデザインの設定
 

メイン・イベントストーリーの設定

シナリオにあわせてキャラクターの動きや会話のテンポ、カメラワーク、表示されるテキストのスピードなどを設定していきます。ソーシャルゲームではイベント毎にストーリーが作成されるため、メンバーとの密なコミュニケーションやフットワークの軽さが必要となります。

 

キャラクターの特徴決め

1人1人のキャラクターにあわせた表情や動き、そのキャラクターが持つ能力などを仕様書に沿って設定していきます。さまざまなキャラクターを存在させることで、オリジナリティの高いゲームに仕上がります。

 

キャラクターのエフェクト設定

必殺技のコマンドを出した時に炎が出たり、回復時に全体をキラキラさせたりなど、キャラクターの表情や動きにエフェクト設定を行っていきます。数えきれないほどのエフェクトパターンが考えられるため、日々のリサーチなどで知識を蓄えておくことが必要となってきます。

 

レベルデザインの設定

プランナーが設計したレベルデザイン仕様書に沿って設定を行います。ソーシャルゲームのユーザーは、ゲーム初心者から上級者まで、無課金や課金ユーザーなどさまざまです。継続して遊んでもらうゲームにするためにはレベル設定も重要な作業です。

 

スクリプターに必要なスキル・経験

スクリプターには、次のようなスキルや経験、知識が求められます。

  • スクリプト言語に関する知識・経験

  • Word、Excel、PowerPointなど、基本的なPCスキル

  • プログラミングについての基本的な知識・経験

  • HTMLの修正、コーディングの知識・経験

  • ソーシャルゲームやネイティブゲームの運用経験

  • ゲームプランナー経験

  • ライティングの経験

  • 高いコミュニケーションスキル

  • 高い協調性と順応性

  • 粘り強さ

 
スクリプターには、プログラマーほど高度なプログラミングスキルは求められません。基本的なPCスキルがあるだけでも仕事は可能です。しかし、会社独自のスクリプト言語を使用している企業が多いため、理解力や順応性の高さがあるとよいでしょう。
また、スクリプターになるために必須の資格はありません。しかし、タイピングの速さや正確さをアピールできる、日本語ワープロ検定試験を取得していると歓迎される場合もあります。
 

スクリプターに向いている人

下記に当てはまる人なら、スクリプターに向いているといえます。

  • 高いコミュニケーション能力があり、関連部署とのやりとりがスムーズにできる

  • ゲーム全般に興味があり、やりこんでいる

  • 豊富なアイディアを企画・提案できる

  • 向上心・向学心があり、新しいスキルを身につける努力を惜しまない

  • 将来、プランナーやプログラマーを目指している

  • フットワークが軽く業務に取り組める

  • 急な依頼にも対応できる柔軟性がある

  • ルーチン作業に抵抗がない

 

スクリプターのキャリアパス

専門学校などへ通ってゲームやプログラミングに関する知識をつけた後、ゲーム制作会社などに採用されるのが一般的です。
スクリプターになった後のキャリアパスには次のようなものがあります。

  • ゲームディレクター

  • ゲームプランナー

  • イラストレーター

  • ゲームライター

  • プログラマー

 

スクリプターは、プログラマーなどのように高い専門スキルがなくてもできる仕事だといわれています。そのため、未経験からゲーム開発に関わりたい人におすすめの職種だといえるでしょう。また、スクリプト作業がないときには、イベント企画などを担当するケースもあり、さまざまなゲーム職種に携わるチャンスがあります。

 

まとめ

スクリプターは、業務に高い難易度が求められないため、未経験からでもチャレンジしやすい職種です。しかし、業務負荷が少ない分、シナリオライターやイラストレーターがスクリプト業務を行うケースも多く見受けられます。

とはいえ、スクリプターはゲームの面白さに影響する部分を扱う重要なポジションでもあります。ゲームのデータ構造をしっかり理解し、スピード感と正確性をもって業務に取り掛かってください。スキルや知識を身につければ、プログラマーやゲームプランナーなどへの道も開けていくでしょう。