イラストレーターとは

イラストレーターとは

イラストレーターは、ソーシャルゲームなどの2Dイラスト、アニメーションを含むドット絵などの制作を行う仕事です。

 

イラストレーターの仕事内容とは

イラストレーターの代表的な仕事内容には以下があります。

  • イラストの作成
  • ディレクターやプランナーとの打ち合わせ
 

イラストの作成

ディレクターやプランナー、クライアントが考えたキャラクターやストーリーに沿ってイラスト、ドット絵(アニメーションも含む)を描きます。キャラクターだけでなく、アイテムや背景、アイコン類、画面構成に必要なボタンやイベントバナーなど、さまざまなイラスト素材が必要となります。膨大な量のイラストを、正確かつ高いクオリティで仕上げることが重要です。
デバイスの進化やゲームのクオリティ向上により、写真のような質の高いイラストが表現できるようになりました。そのため、イラストレーターの仕事にも高いクオリティが求められています。また、ソーシャルゲームの場合、制作期間が短期間になることも少なくありません。質はもちろん、スピード感や戻しの少ない正確性も求められます。

 

ディレクターやプランナーとの打ち合わせ

イラストレーターは、仕様が決まっている中でイラストを制作するのが基本です。そのため、ディレクターやプランナーとの打ち合わせを重ねたうえで、必要なイラストを仕上げていきます。制作物の戻しを少なくするため、コミュニケーションスキルも求められます。
複数プロジェクトの掛け持ちや、キャラクターデザイナーと並行して仕事をしているイラストレーターも多いです。

 

イラストレーターに必要なスキル・経験

次のようなスキルや経験、知識があると、イラストレーターとして仕事をする際に役に立ちます。

  • 仕様書に沿って正確にイラストが描ける

  • PhotoshopやIllustratorなど2Dツールのスキル

  • あらたなものをつくり出す、クリエイティブ能力

  • グラフィックツールでのイラスト制作経験

  • コミュニケーション能力

 

また、次のような資格があると業務や転職に役立つ可能性があります。

 

デジタルイラストのスキルが重要なゲーム業界では、PhotoshopやIllustrator、などのスキルが求められます。多くのツールを使いこなせれば、仕事の幅が広がるでしょう。また、さまざまなテイストや世界観にあわせてイラストを制作するため、描けるイラストの幅が広いと、多くのイラスト制作を担当することができるようになります。

 

イラストレーターに向いている人

下記に当てはまる人なら、イラストレーターに向いているといえます。

  • イラスト、絵を描くことが得意

  • デッサン力に自信がある

  • 臨機応変にイラストの描き分けができる

  • 向上心・向学心があり、新しいスキルを身につける努力を惜しまない

  • コミュニケーション能力、協調性

 

仕様や設定に合わせてイラストを制作するため、ディレクターやプランナーとのコミュニケーションが多く発生する仕事でもあります。仕様齟齬などを事前に防ぐためにも、自ら積極的にコミュニケーションを取っていくことが大切です。

 

イラストレーターのキャリアパス

デザインや美術系の大学・専門学校などでデッサンやイラストの基礎、グラフィックデザインやキャラクターデザインなどを学び、ゲーム制作会社に採用されて仕事に就くのが一般的です。中には、独学でスキルを身につけSNSなどで作品を発表したことからイラストレーターの道に入る人もいます。
イラストレーターになった後のキャリアパスは、次のとおりです。

  • キャラクターデザイナー

  • 背景デザイナー

  • アートディレクター

 

イラストレーターとして十分な経験を積むことができれば、ゼロからキャラクターを制作するキャラクターデザイナーや、アートディレクターへのキャリアアップも見込めるでしょう。

 

まとめ

自分が描いたイラストが多くの人の目に触れることは、イラストレーターにとって大きなやりがいのひとつではないでしょうか。また、日々の努力が実を結びキャラクターデザイナーやアートディレクターなど、上流工程の仕事にキャリアアップしたり、イラストを極めて独立やフリーランスへの道が開けたりする可能性もあります。将来的な選択肢が多いことも、イラストレーターの仕事の魅力といえるでしょう。