エフェクトデザイナーとは

エフェクトデザイナーとは

エフェクトデザイナーは、ゲームを盛り上げる演出・視覚効果のデザインを行う仕事です。ゲームの中で表示される攻撃シーンや回復シーンなどのエフェクトは、プレイヤーにゲームの手応えを感じさせるなど、さまざまな効果をもたらします。

 

エフェクトデザイナーの仕事内容とは

エフェクトデザイナーの代表的な仕事内容には以下があります。

  • 特殊な場面のエフェクト制作
  • ムービーでのエフェクト制作
 

特殊な場面のエフェクト制作

魔法効果や爆炎、特殊な技などの攻撃エフェクト、キャラクターのオーラや心情を表現するような演出エフェクトなど、ゲームに必要なエフェクト演出を加えます。最近ではリズムゲームも主流となっており、タップした時の弾けるような演出やコンボが続いた時の演出の盛り上がりなど、ゲームによって実装されるエフェクトもさまざまです。プレイヤーがより高い爽快感や達成感を得られるような演出制作が求められます。プログラムと密接に結びつくので、プログラマーとのコミュニケーションが重要です。

 

ムービーでのエフェクト制作

コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム問わず、オープニングやストーリー、エンディングでムービーが流れることも増えています。ムービー内に必要なエフェクトを実装するのもエフェクトデザイナーの仕事です。近年、ゲームイベントなどでムービーが流れることもあり、担当したエフェクトをたくさんの人に見てもらえることは、達成感につながるでしょう。

 

エフェクトデザイナーに必要なスキル・経験

エフェクトデザイナーは、次のようなスキルや経験、知識が求められます。

  • Mayaや3ds Maxなど3Dソフトを使用したグラフィック制作

  • 映像のデジタル合成やモーショングラフィックの制作

  • Photoshop、Illustratorなどによる2DCG制作

  • ゲームソフトに対する理解力とモチベーション

  • コミュニケーション能力

 

また、次のような資格があると転職の際に有利になる可能性があります。

 

エフェクトはゲームの世界観を作り上げる大切な要素であり、プレイヤーの継続率にもつながっていく重要なポジションでもあります。そのため、さまざまなゲームを通して演出などを日々研究していくことも大切です。

 

エフェクトデザイナーに向いている人

下記に当てはまる人なら、エフェクトデザイナーに向いているといえます。

  • 発想力や造形力がある

  • 観察力・分析力が高い

  • 向上心・向学心があり、新しいスキルを身につける努力を惜しまない

  • コミュニケーション能力、協調性

 

エフェクトデザイナーのキャリアパス

未経験からエフェクトデザイナーになるには、専門学校などでPhotoshopやIllustrator、Maya、After Effectsといったグラフィックツールの使用スキル、デザインやゲームに関する基礎知識を身につけて、ゲーム制作会社に採用されるのが一般的です。デザインセンスも求められるため、スキルをアピールできるようポートフォリオを作成しておくことも大切です。
エフェクトデザイナーとして経験を積んだ後のキャリアパスには、次のようなものがあります。

  • キャラクターデザイナー

  • モーションデザイナー

  • テクニカルアーティスト

  • CGプロデューサー

  • CGディレクター

 

エフェクトデザイナーとしてのスキルを積み、クライアントとの信頼を築くことで独立し、フリーランスとして仕事をする道も開けてくるでしょう。

 

まとめ

ゲーム業界の仕事というと、キャラクターデザイナーなどが人気を集めがちです。しかし、映像を盛り上げるエフェクトデザインは、プレイヤーのやりがいや爽快感を高めるために必要なものであり、エフェクトデザイナーは、3DCGデザイナーの中でも重要なポジションであるといえるでしょう。

スマートフォンの普及によりゲーム人口が増え、スマホ1つでさまざまなゲームができるようになりました。小さな画面の中でプレイする人々を楽しませる演出を取り入れることにやりがいを感じるという人にとって、エフェクトデザイナーはおすすめの仕事です。