背景デザイナー(コンセプトアート)とは

背景デザイナー(コンセプトアート)とは

ゲームの世界観やコンセプトに沿って、背景やアイテムを創り出すのが背景デザイナーの仕事です。デバイスの進歩によってグラフィックの高度化・高精細化が進み、クオリティの高い背景が制作できるようになったことで、背景デザイナーに求められるスキルも高くなっています。

 

背景デザイナー(コンセプトアート)の仕事内容とは

背景デザイナーの代表的な仕事内容には以下があります。

  • コンセプトアートの作成
  • 背景のモデリング
  • UV展開
  • テクスチャー作成
  • ライティング
  • エフェクト
 

コンセプトアートの作成

企画立案の段階から制作に携わり、この背景は何のために存在するか、この先どう変化していくかなど、「目的」を探りながら背景イメージを創り出していきます。背景イメージができたら、それを共有するためのコンセプトアート(設計図)を作ります。

 

背景のモデリング

CGソフトを用いて、2Dで描かれた背景を3Dにモデリングします。ユーザーが世界にのめり込めるよう、立体的な背景を作っていきます。

 

UV展開

テクスチャーを投影するためにモデルの展開図を作成します。

 

テクスチャー作成

背景に色や質感をつけるため、石や木など背景に必要なテクスチャーを作成します。テクスチャーが完成したら、展開したUVに張り付けます。PBR(フィジカルベースドレンダリング)を用いて写真のようにリアルなクオリティを表現することもあります。

 

ライティング

自然な世界観を表現できるよう光源を配置し、光と影の場所や光の強さ、当て方を調整します。

 

エフェクト

暖かさや冷たさ、太陽の光や暗闇など、シーンにあわせてエフェクトをかけます。天候や気候、時間の流れなどにあわせて光と陰の変化を加えることで、シーンにあった空気感を形成できます。

 

背景デザイナー(コンセプトアート)に必要なスキル・経験

背景デザイナーには、次のようなスキルや経験、知識が求められます。

  • PhotoshopやIllustratorなど2Dツールのスキル

  • Mayaや3ds Maxなど3Dツールのスキル

  • 形式や事象を観察するスキル

  • グラフィックツールでの背景制作経験

  • ゲームに対する理解力とモチベーション

  • コミュニケーション能力

 

また、次のような資格があると転職の際に有利になる可能性があります。

 

背景デザイナーは2Dと3Dの両方の知識が必要となる仕事です。ただ背景が描けるだけではなく、いかに立体感を演出し、世界観を表現できるかが重要となります。

また、データの容量も意識しつつ背景をデザインしていく必要があります。ゲームのようにキャラクターや背景が動く場合、容量が重すぎて表示に時間がかかってしまう可能性があります。どんなに良い背景であっても、ユーザビリティが低ければプレイヤーの離脱に繋がるため、データの軽量化も考慮して制作することが大切だといえるでしょう。

 

背景デザイナー(コンセプトアート)に向いている人

下記に当てはまる人なら、背景デザイナーに向いているといえます。

  • 世界観や風景を絵に表現することが得意

  • イラスト、絵を描くことが得意

  • デッサン力、空間構成力がある

  • 根気がある

  • 向上心・向学心があり、新しいスキルを身につける努力を惜しまない

  • コミュニケーション能力、協調性

 

背景制作には細かい工程が重なることもあり、背景を最後まで作り上げる根気が必要となります。さまざまなシーンや世界観が存在するなかで、担当するものに合わせて背景を描き分けるスキルも重要でしょう。

 

背景デザイナー(コンセプトアート)のキャリアパス

背景デザイナーになるためには、ゲームやデザイン系の大学や専門学校で必要なスキルを身につけ、制作会社に採用されるのが一般的です。未経験から背景デザイナーを目指す場合も、専門学校などで必要なスキルを身につけることが近道でしょう。
背景デザイナーとして経験を積んだ後のキャリアパスには、次のようなものがあります。

  • キャラクターモデラー

  • キャラクターデザイナー

  • アートディレクター

 

3DCGスキルを身にければ、背景だけでなくキャラクターモデラーへの転身も可能になり、キャラクターモデラーの経験はキャラクターデザイナーへもつながります。背景とキャラクター双方のモデリング・デザインができれば、ゲーム制作の幅もさらに広がるでしょう。

また、背景デザイナー経験を重ねれば、アートディレクターへのキャリアアップも考えられるようになります。経験を活かし、制作物のクオリティチェックやゲームのパフォーマンスチェックなど上流工程の仕事に携わるのもおすすめです。

 

まとめ

背景デザイナーは、キャラクターを引き立て、世界観を演出するために必要であり、やりがいのある仕事といえるでしょう。