ポートフォリオはどのように制作すれば良いのですか?

ポートフォリオは履歴書・職務経歴書とならび、求人企業にお見せするあなたの「顔」となります。当社担当営業が求人企業にプレゼンテーションする際の重要なツールでもあり、お仕事紹介のための判断材料でもあります。ポートフォリオは「見やすい」「アピールしたいポイントがわかり易い」「スキルが把握できる」ものを制作するように心がけてください。
また、実務未経験の方が提出されるポートフォリオの傾向として、「作品の数を多く見せるために自分が納得していない作品もとりあえず入れてみる」ということが多くありますが、これはお勧めできません。少なくても自分が見せたいと思える作品を効果的に見せる工夫が必要になります。

    ポートフォリオには作品データ以外に以下のコメントも忘れずに記載しましょう。
  • ・作品タイトル
  • ・作品コンセプト
  • ・制作期間(制作時期)
  • ・使用ソフト

※ゲーム系3DCG作品であればデータ量(ポリゴン数など)
※実務作品であれば担当業務内容(制作人数なども)
※お仕事で制作された成果物には、著作権や就業先企業の秘密に関する情報が含まれている場合があります。作品の利用にあたっては就業先から使用許可をいただくことが必要となりますのでご注意ください。

解決しなかった場合は、こちらよりお問い合わせください。

質問フォームへ

トップへ戻る

マイページログイン

Web・ゲーム・映像業界専門の求人・転職・派遣ならイマジカデジタルスケープに登録する