2015年8月07日

「デザインのチカラ」Honda インタビュー

「デザインのチカラ」Hondaを公開しました

ホンダ「S660(エスロクロクマル)」は、「ビート」以来およそ20年ぶりのホンダによる軽自動車規格オープンカーです。
前身からの大きな飛躍と先進性を期待されたデザインは、どのようなプロセスを経て実現したのか。
エクステリア、インテリア、カラー・マテリアルのデザインを担当した[本田技術研究所 四輪R&Dセンター]杉浦良氏、稲森裕起氏、落合愛弓氏にこのプロジェクトを完成させるまでの軌跡を伺いました。

インタビューは全3回連載です。

◆「デザインのチカラ」株式会社Honda
軽自動車の先入観を打破し、走る喜びをデザインで表現
http://www.dsp.co.jp/know-how/design/honda1.html

トップへ戻る

マイページログイン

デジタルスケープに登録する