2014年11月26日

UI・UXコンテンツ連載第5弾 UX侍 × メルカリ

UI・UXコンテンツ連載【UX侍】の第5弾、今回の手合せは、米国進出も果たしたフリマアプリ【メルカリ】です。
メルカリは、スマホカメラから3分で出品でき、購入はメルカリに支払われた売り手・買い手が評価するとお金が振り込まれる売買システムです。2013年7月のリリースから1年強で600万ダウンロードを超え、2014年9月には米国でのサービスローンチも果たしました。
「過去にとらわれず、今ベストと思えるモノを提供していく」と語るエンジニアとマーケターに、フリマアプリのUI/UXのあるべき姿を伺いました。

当コンテンツは、「Web担当者フォーラム」に取材・記事のご協力をいただいています。

業界でも著名な森田雄氏と深津貴之氏が「UXサムライ」となり、インタビュー形式をとりつつも、ユーザー目線でUI・UXを語り、アプリがより使い易くなるための開発陣へのアドバイスも満載です。

インタビュー記事は下記URLよりご覧ください。

◆森田雄と深津貴之のUX侍 <第5弾> UX侍 × メルカリ
「フリマアプリのユーザーにとって”気持ちいい”の根源を考える」
http://www.dsp.co.jp/know-how/jobchange-lab/ux_samurai5.html

トップへ戻る

マイページログイン

デジタルスケープに登録する