2014年11月11日

アメリカからキャリアをスタート!シネマトグラファー石坂拓郎インタビュー

映像系の新しいコンテンツ(クリエイターインタビュー)の第13弾として、前回も題材として取り上げた映画「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最後編」のシネマトグラファーである、石坂拓郎氏のインタビューをお届けします。

高校時代に渡米し、大学卒業後はそのままアメリカを拠点に活動するシネマトグラファー石坂拓郎氏。作家の山田太一氏を父に、TVドラマ演出家として知られる宮本理江子氏を姉に持つ映像一家で育った石坂氏が、シネマトグラファーとして築いてきたキャリアと映像に対するチャレンジングな姿勢をお話しいただきました。

当コンテンツは、映像カルチャーのウェブマガジン「white-screen.jp」に、取材・記事のご協力をいただいています。

インタビュー記事は下記URLよりご覧ください。

◆アメリカからキャリアをスタート!シネマトグラファー石坂拓郎インタビュー
http://www.dsp.co.jp/know-how/special/takuroishizuka.html

トップへ戻る

マイページログイン

デジタルスケープに登録する