「転職理由」3つの顔

あなたの転職理由は何ですか?

「転職理由は何ですか?」と問われてどんな回答をイメージするかは、人によって千差万別です。私は仕事の関係でこれまでに数千の「転職理由」を目にしてきましたが、その人がその時置かれている状況や心境によって、回答のフォーカスの当て方は実にさまざま。応募書類というのに「今の仕事を辞めたい理由」に終始している人も少なくありませんでした。

異業種や未経験職種に転職したい人、これまでの経験を活かして更なるステップアップを模索する人、とにかく今の会社が苦痛でならない人、公私の様々な変化が相まって今が転職タイミングではないかと考えている人。それぞれに抱える背景があり、それを踏まえた思いが胸のうちに渦巻いています。

「転職理由」を3ステップに分解

では、改めて考えてみましょう。「転職理由」ではどんな回答を求められているのか。広義に捉えた「転職理由」を3つのステップに分けて考えてみましょう。

  • ステップ1. 現(前)職の「退職理由」
  • ステップ2. 会社を変える「転職理由」
  • ステップ3. 応募先企業の「入社志望動機」

今あなたが考えている転職理由を、内容ごとに分類してみてください。全部に振り分けられるでしょうか。うまく振り分けられた人は、更に下記2点を意識して文章に書き下ろしてみることで、採用担当者にも説得力のある転職理由にまとめることができるでしょう。

  • ステップ1~3を適切な接続詞で結び、全体にストーリー性をもたせる
  • ステップ2~3を厚くして、ステップ1はストーリー上必要な場合1~2行で触れる

採用する側は、もっと掘り下げて聞きたい内容は面接の場で詳しく確認してきます。ですから、応募書類や面接の冒頭で尋ねられる「転職理由」では、前向きな回答を簡潔に答えられるように話の流れを整理しておくことをお勧めします。

「転職理由」を整理する手引き

次に、どこかに答えが偏ってしまって3ステップにうまく振り分けられなかった人は、下の手引きを参考にちょっと考える時間をもってみてください。

「退職理由」しかなかった人

「退職理由」は、あくまで転職のきっかけに過ぎません。採用担当者に「今の職場はこんなに大変なのです」と切々と語っても、「そうですか、じゃあそこからあなたを救い出してあげましょう」とはなりませんよね。

急がば回れ。自分の転職理由を割り振ってみたら「退職理由」しか埋まらなかったという人は、闇雲に応募するのは止めて、まずは次ステップの“会社を変える必然性”について整理してみてください。

なお、考えをまとめようとしてもなかなか答えが見えてこないという人は、「考えがあるのに未整理なためうまく伝えられない」のではなく、「転職理由そのものがない」状態なのかも。そんなときは、もう一度転職活動を始める前に立ち返ってみることをお勧めします。

「退職理由」がなかった人

後ろ向きな「退職理由」なら無いほうがいいし、ステップ2の「転職理由」はバッチリだから大丈夫!と思っているあなたも、ちょっと注意。採用担当者に「今の会社でも、あなたのやりたいことはできるんじゃないですか」「そういう環境作りを自分から働きかけてみましたか」と問われて、答えに窮することはないでしょうか。

ここで詰まってしまうと、安易に「転職すればどうにかなるんじゃないか」と現実逃避しているだけでは?入社してもまたすぐに辞めてしまうのでは?と採用担当者に不安を与えかねません。「転職理由」として挙げている内容が、今の職場では実現が難しく、転職することで実現できる納得性の高い理由を整理しておくことが重要です。

「入社志望動機」がなかった人

「退職理由」「転職理由」までは整理できているけれど、「入社志望動機」がいまいち……という人は、基礎固めはしっかりできています。応募先を決めたら、企業サイトやその企業の紹介記事、実績などを研究して、その企業のその仕事のどんなところに自分が惹かれるのかを言葉にまとめてみましょう。

競合他社では得られない魅力、それを語れると語れないとでは、採用担当者に与える印象は大きく変わってきますよ。ぜひ丁寧に調べてまとめてみてください。

いざ転職活動するとなると“人生の転機”という不安定な状況に身をおくわけで、多かれ少なかれものの見方も偏狭になりやすいもの。その中でいかにバランスをとって自分の考えを整理し、応募先企業に響く「転職理由」に昇華するか、ぜひ今一度自分の「転職理由」を見直してみてください。

(デジタルスケープ キャリアカウンセラー 林真理子)

トップへ戻る

マイページログイン

デジタルスケープに登録する